量産型女子になってない?!量産型女子大生の特徴や男性の意見は?

  • 量産型女子にならないためには?

    世の中には量産型女子にならない女子大学生も大勢います。量産型女子はそこそこ可愛いし男子にモテるけど、やっぱり個性のないファッションや、みんなと同じを強いられるのは嫌、という人もいるのです。

    そのような量産型女子になりたくない女子たちは、どんなことに気をつければいいのでしょうか。量産型女子を卒業したい女子も、ぜひ参考にしてみてください。

    自分自身の「好き」の基準を持つ


    量産型女子の特徴は、物事を決める基準が「みんなと同じ」であることです。そこで、量産型女子になりたくない人は、まず自分の軸で考えるクセをつけるようにしましょう。

    自分に似合うものや好きだと思うものを着て、自分がしたいと思うことをすればいいのです。みんなが着ないからというだけで、自分が着たい服を我慢する必要はありません。行きたいところがあれば、一人で行ってしまいましょう。

    もしそれを量産型女子に否定されても、気にすることはありません。そもそも量産型女子になりたくない人には、量産型グループに仲間外れにされても何も困ることはないでしょう。

    スマホやSNSを見る時間を減らす


    量産型女子に限らず、スマホを手放せないという女子大学生は多いでしょう。LINEやSNSでメッセージを送ったり、フォローした友達と写真を共有したり、とコミュニケーションに便利なツールです。

    量産型女子の特徴は、その更新やチェックの頻度です。少しでも時間があればスマホをチェックし、流行やグループメンバーの動向に目を光らせています。量産型女子になりたくない人は、まずはスマホを見る時間を減らしましょう。

    LINEの返信が遅れても、日常生活で困ることはそんなにありません。SNSの更新やチェックは、時間や回数を決めてしまうのもいいでしょう。

    自分からスマホやSNSから距離をおくのがもっとも簡単な方法です。

    みんなに好かれようと思わない


    この世の中に、すべての人から好かれている人はいません。人には好き嫌いやフィーリングがあるので、誰からも好感をもたれることは不可能なのです。

    量産型女子はグループ内の誰からも好かれたい、嫉妬されたり嫌われたくないと恐るあまりみんなと同じファッションや行動をしますが、その人間関係に本当に満足しているのでしょうか?

    量産型女子になりたくなければ、すべての人に好かれるのは無理だと諦め、気が合う人との付き合いを大切にしましょう。流行の服や話題の店に行かなくても、本音で語り合えたり、本当に楽しめる話題を共有できる友達はきっと見つかりますよ。

    勉強や資格取得を頑張る


    量産型女子は、時間ができればスマホチェックや、流行の店や場所に行くのに忙しくしています。大学やバイト以外のほぼすべての時間を、属しているグループのために費やしているのが現実です。

    量産型女子になりたくない人は、その時間を勉強に使ってみてはどうでしょうか。大学の勉強を頑張っていい成績を修めたり、就職に有利な資格試験に挑戦するのも有効な時間の使い方です。語学の勉強は趣味と資格のどちらにも役に経ちます。

    勉強が好きでなくても、大学の成績も資格取得は将来の自分の役に立つのは間違いありません。その場限りの流行や人の真似をしているよりも、長い目で見ればずっと意義のある時間となるでしょう。

    家族や親戚と交流を深める


    量産型女子は、グループや大学内の狭い人間関係だけが世界のすべてとなりがちです。

    そこで、量産型女子になりたくない人には、大学生以外との関係をもつことをおすすめします。手っ取り早い方法は、家族や親戚との交流です。一つの価値観に凝り固まらないために、あえて違う世代と付き合ってみましょう。

    特に祖父母や叔父叔母は、その時代ごとの異なる考え方をもっています。経験に基づいた価値観に接すると、流行や真似が良しとされる量産型女子の価値観に、大きな疑問をもつようになるでしょう。

    相手は親戚ですから、ダサい服や変な行動をしても仲間外れにせず、温かく接してくれるので安心して自分をさらけ出せますよ。