不倫相手を忘れる方法とは?「忘れられない既婚男性」を諦めたい人へ

  • 不倫を続けていたらどうなる?

    どうしても不倫相手を忘れられず、このまま不倫を続けていったらどうなってしまうのでしょう。ここで一度冷静に現実と向き合ってみましょう。先のことは誰にも分かりませんが、厳しい状況になることは避けられないことが予想されます。

    バレれば取り返しのつかないことに


    もしもこのまま不倫相手との関係を続けていれば、相手の奥さんなどにバレてしまう可能性も高まります。そして本当にバレてしまったら、確実に奥さんよりは弱い立場になってしまうのは避けられないでしょう。

    たとえば本妻に法的に訴えられたり…そんな話もよく耳にしたりしますよね。もしもそのような大事になれば、職場や自分の家族などの耳に入るなんて事態になる危険性もあります。

    自分の結婚が困難になる


    不倫相手との未来を期待してしまい、ズルズルと不倫を続けてしまうと、その相手との結婚しか目に入らないことから、もちろん自分の結婚には目が向かなくなってしまいます。好きでない相手とわざわざ結婚はしませんよね、そうなると当然自分は独身のまま待ち続けるということになってしまうでしょう。

    気が付いたらこんな年齢に!


    ずっと不倫相手との関係を続けていると、もちろん月日は過ぎていきます。不倫が始まった最初は年齢的に若かったかもしれませんが、3年…5年…とズルズル付き合っていくうちに、気が付いたらこんな歳に!なんてことになってしまいます。

    不倫の渦中にいる自分はそのことに気が付かず、親や周りの人などに「良い人はいないの?」などと聞かれて初めて自分の歳を意識したという話もよく耳にします。

    結婚に対する考え方が他と違ってくる


    不倫相手といわゆる”不倫”の関係を続けていると、結婚に対する考え方などが歪んでしまい、偏った考え方をしてしまう危険性もあります。これは不倫相手が結婚しているから起こる、嫉妬の感情からそうなってしまうと思われます。

    自分達が普通の恋人同士になれない・結婚できないのは、彼に家庭があるからだと思ってしまうため、結婚そのものを良くないものと捉えてしまうのでしょう。

    心的ストレスがたまる


    不倫相手を忘れられず関係が続いてしまうと、不倫相手と会いたくても会えない・待っているのに離婚してくれないなど、一人で悩んでしまう日々も同じだけ続いてゆきます。心にそのような悩み事をずっと抱えていると、心的なストレスはどんどんたまる一方です。心配事や悩み事を長いこと抱えるというのは、身体的にも良くない影響を及ぼしてしまうでしょう。

    最終的には自分が不利


    不倫相手を忘れられずに関係を続けていくと、たとえばバレたりなどなんらかの事情で終わりを迎えた時に、自分には何も残りません。不倫相手は奥さんに不倫の事実がバレてしまっても、和解してやり直せばまた元のさやに収まることができます。

    ですが、こちらはそういうわけにはいきませんよね。不倫相手との時間に費やした年月だけが重くのしかかり、後でそのことに気付いても”年齢”は取り戻すことができません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)