「既婚者の上司を好きに」既婚上司の落とし方・諦め方【判断基準も】

  • 既婚の上司に恋をしたときの選択肢

    既婚の上司を好きになってしまったとき、その先には何が待ち受けているのでしょうか?一歩踏み出した先にはいくつかの選択肢が用意されています。また、踏み出す前にも考えるべき大切なことがあります。

    これが初めての不倫経験になるかもしれない人は、世の中で騒がれている不倫問題を少し見渡してみてください。色々な不倫カップルがいますが、そういった問題と自分の恋は別問題だと思い込んではいないでしょうか?

    既婚の上司に恋をしたときの選択肢は次の4つです。自分の好きな気持ちを客観的に見て、どの選択肢を選ぶか考えてみてください。

    不倫関係になる


    上司がたとえ既婚者でも、好きな気持ちを抑えきれない人は、その気持ちを上司に伝えてみましょう。単なるリスペクトではなく、本当に好きになっているのなら、中途半端に諦めてしまうと後悔してしまうはず。

    上司との恋を成就させるためには、職場の人に気づかれないことが最大のポイントです。誰にも相談できない苦しい恋愛こそが不倫という道ですが、それでもいいという強い思いがあるのなら、一歩踏み出してみてください。

    諦める


    「やっぱり不倫なんて嫌だ」と少しでも思ったなら、この恋は諦めましょう。上司への「好き」という気持ちが溢れている間はつらいですが、不倫に陥って不安な毎日を送らずに済みます。

    諦めるという決断はとても賢明です。既婚の上司も、あなたと泥沼の不倫関係になりたいなんて思っていないはずです。

    略奪愛をねらう


    どうしても諦めきれない、上司が既婚者でも自分のものにしたい人は、略奪愛への道を選ぶことになります。お遊び的な不倫ではなく、自分と人生を歩んでほしいとまで願っているなら抑えることはできないでしょう。

    ただし泥沼化不倫に発展する覚悟を持ってください。それでも、上司のことが諦めきれないほど好きになってしまったのなら誰も止めることはできません。自分自身でもブレーキはかけられないはずです。

    身体だけの関係


    上司のことは好きだけど、面倒なことに巻き込まれるのはちょっと…と思う人はおそらく、身体だけの関係に落ち着くはず。つまり、上司とはセフレになるということです。

    既婚者にとって、部下からの「セフレ関係希望」はこれとないチャンスです。これに乗っかってこない上司の方が少ないのではないでしょうか。