既婚男性は不倫に「癒し」を求める?その心理を体験談つきで解説!

  • 不倫に癒しを求めるのにはリスクもある?

    「幸せな不倫はない」と言われるように、不倫は誰かが犠牲になり辛い思いをします。いつか誰かの不満が爆発し、泥沼の争いになってしまえば、もはや癒しどころではありません。

    不倫が発覚した時の代償は、お金だけではありません。それ以外にもさまざまな大きな代償を払うことになります。

    一般的に言われる不倫のリスクを具体的にご紹介します。

    慰謝料を請求される


    不倫がバレたら、妻から慰謝料を請求されます。

    相場は数十万円から百万円程度と言われていますが、夫婦に子供がいたり、夫が不倫を何度も繰り返しているケースでは、相場より高額になることもあり得ます。

    当然、慰謝料は夫の個人財産から支払われますし、仮に離婚となれば夫婦の共有財産から財産分与も請求されます。慰謝料と財産分与を合わせれば、夫の手元にはお金はほとんど残りません。

    分割払いで慰謝料を払うことも可能なようですが、お金に不自由する生活になるのは間違いないでしょう。

    職場に居辛くなる


    不倫が珍しくない昨今ですが、職業によってはキャリアを失うこともあり得ます。

    あくまでプライベートのことですから不倫が懲戒事由とはならなくても、社会的信用に傷がつくのは確かです。職場によっては人事評価に影響が出て、昇進が遅れたり止まったり、配属が変わることもあるかもしれません。出世街道からは外れる可能性は非常に高くなるでしょう。

    さらに、職場の上司や同僚からは腫れ物に触る扱いをされ、女性たちからは軽蔑の眼差しを浴びるのは目に見えています。ライバルたちの笑顔を目にするのは屈辱となり、職場にいるだけで苦痛になるでしょう。

    家や家族を失う


    不倫がバレれば、家庭は崩壊します。不倫は立派な離婚事由となりますので、妻が離婚を望めば、有責者である夫は基本的には拒否はできません。

    子供がいる場合は、高い確率で親権は妻が取得します。不倫が原因であれば子供との面会を承諾しない妻も多いので、離婚後のつながりは養育費を支払うだけの一方的なものになります。子供がいつか両親の離婚理由を知ることになれば、将来的にも父親との交流を拒絶する子供もいるかもしれません。

    父親の不倫が幸せだった家庭を壊した元凶となったのは事実ですから、離婚後も親しい親子関係を続けるのは困難となるでしょう。

    不倫相手に振られる可能性も


    不倫がバレる前は楽しく付き合っていた不倫相手の女性も、離婚した男性を変わらず愛してくれる保証はありません。

    男性に社会的地位や経済的余裕があった時は女性にもメリットはありましたが、妻に見放され、ほぼ無一文になった彼に魅力を感じるでしょうか? 「妻と離婚したから結婚しよう」とプロポーズしても、彼女にとっては手放しで喜べる状況ではありません。かつての魅力を失った彼は、彼女の人生に無用の人と映っているかもしれないのです。

    不倫相手の女性も、場合によっては妻から慰謝料を請求される可能性があります。そんな状況になっても不倫発覚前と同様に彼を愛し、癒してあげるような女性はいないでしょう。

    妻と不倫相手の板挟みになる


    不倫がバレたら、妻の元に帰る男性が多いようです。しかし帰ったからと言って、妻が許してくれるわけではありません。

    妻が不倫相手に慰謝料を請求したり裁判を起こしたりすれば、当事者である夫も矢面に立つことになります。二人の板挟みになり、裁判が泥沼にでもなれば、「癒しがほしい」などと呑気なことを言っている場合ではありません。

    家では妻に頭が上がらず、なんの力にもなれない不倫相手からは軽蔑され、身の置き場のない思いをすることになるでしょう。
  • 不倫に癒しを求めるのは男の夢?

    不倫に癒しを求める男性はたくさんいます。しかし、付き合っている時は幸せでも、不倫はいつか終わる時がきます。不倫で癒しを手に入れても、それはあくまで一時的な癒しでしかありません。

    不倫でしか得られない癒しなど存在しません。むしろリスクの方が圧倒的に多いのが不倫です。不倫を夢見るのは楽しいかもしれませんが、築いてきた生活を失う覚悟はできていますか? バレた時のことを考えても、不倫は癒しだと言い切れるでしょうか?

    不倫のために払う大きな代償を胸に刻み、女性は後戻りできなくなる前に踏みとどまる努力を。そして男性は早めに妻と家族のいる現実に戻るのが賢い選択ですよ!

Photo:All images by iStock