既婚男性は不倫に「癒し」を求める?その心理を体験談つきで解説!

  • 既婚男性が不倫に癒しを求める理由・心理

    既婚男性は、なぜ不倫に癒しを求めるのでしょうか?

    結婚までするほど愛した妻と築いてきた家庭ではなく、その家庭の外に、不倫という形で癒しを求めるのはなぜなのでしょうか? 妻や家庭では癒されないから不倫相手に求めるというのは、既婚女性の立場で考えればかなり身勝手な理由にも見えますよね。

    そこで考えられる理由や、不倫に癒しを求める男性の心理をまとめてみました。

    妻と長い間セックスレス「不倫以外に選択肢がない」


    「妻がセックスを拒むので、外に求めるしかありません」(20代男性)、「妻とはもう何年もセックスレスです。妻が嫌なら、他に選択肢がありません」(30代男性)と、男性が不倫する理由の一つに、妻とセックスレスというケースがあります。

    「風俗とか『やれればいい』というのでなく、セックスに愛情を求めれば不倫になるのは自然の流れです」(30代男性)。不倫相手の愛のあるセックスに満足すれば、不倫をやめることが難しくなりそうです。

    「結婚したら生活感が出て」「癒しがマンネリ」


    「恋人時代は、妻の笑顔を見るだけで癒されました。だけど、一緒に生活をすると恋愛感情より生活感が出て癒されません」(30代男性)と、ときめきと癒しのバランスも大切なようです。

    「結婚当初は、一生懸命尽くしてくれる妻に癒されていました。結婚生活が長くなるとそれが当然になって癒されなくなってしまいました」(30代男性)。かつては新鮮だった癒しも、マンネリになると色褪せて見えてしまうのは仕方のないことです。

    結婚生活がプレッシャー「解放されたい」


    「結婚がこんなに大変だとは想像していませんでした。家庭以外の所に逃げたいです」(30代男性)と、結婚生活の責任から逃れたいという男性は、不倫に癒しを求める可能性が高そうです。

    「夫や父としての責任が重すぎます。解放されたい一心で、不倫に癒しを求めたくなります」(30代男性)。既婚女性から見たら身勝手すぎる理由ですが、男性には責任や期待から逃れたいと思う時もあるのかもしれません。

    家にいても家族に気を使う「家に居場所がない」


    「子供が生まれたら妻は子供につきっきりで、家に居場所が感じられません」(20代男性)のように、妻に相手にされないことが、不倫に癒しを求めるきっかけとなるかもしれません。

    「帰宅しても、妻と子供たちだけが分かる会話で盛り上がっています。話しかけるのにも気を使って、バカバカしく感じてしまいます」(30代男性)など、家族との会話がないと疎外感を感じ、家庭の外に癒しを求めるようになるのです。

    反応がピュアで従順「素直でかわいい」


    「妻とはいつも言い合いですが、彼女は従順で純粋にかわいいです」(30代男性)と、彼女が自分の言うことに素直に従ってくれれば、疲れも吹き飛ぶでしょう。

    「彼女は贈り物や、ちょっと手を貸したことにも喜んでくれます。素直な反応がかわいいです。妻だと『当たり前』という反応されて終わりです」(30代男性)。慣れてしまうとつい忘れがちなお礼や労いですが、こんなちょっとしたことの積み重ねが癒しにつながるようです。

    たまには愚痴を言いたい時も「自分をさらけ出せる」


    「愚痴を言いたかっただけなのに、妻は自分がだらしないからだと責められました。彼女だと気が楽なので、話をしやすいです」(20代男性)と、夫のことを知り尽くしている妻より、不倫相手の方が愚痴を話しやすいという声もあります。

    「会社の悩みを話しても、妻は関心がないようです。彼女は親身になってくれるので、愚痴も悩みもさらけ出せます」(30代男性)。自分の話を熱心に聞き、受け入れてくれる人に惹かれるのは当然ですね。
  • 既婚男性が癒しを求める「理想の女性」とは?

    独身同士の恋愛における「理想の女性」と、既婚男性が不倫に求める「理想の女性」には違いがあります。

    男女共独身であれば、好みや価値観、フィーリング以外に、将来、理想の夫となるか、自分の子供の理想の父親になるかも見定めることでしょう。

    昨今の既婚男性が不倫に求めるのは癒しだと言われていますが、では不倫相手としての理想の女性とは、いったいどのような女性なのでしょうか?

    男性目線での体験談をいくつかご紹介します。

    セックス上手な女性「セックスは究極の癒し」


    「エロい体でセックスが上手な女性が理想です」(20代男性)、「セックス上手な女性は心も体も癒します」(30代男性)など、セックスに癒しを求める男性にとって、色気があってセックス上手な女性は理想です。

    「男にとってセックスは重要です。なので、不倫相手にはセックスが上手な女性を求めます。不倫相手のセックスが下手なら、不倫する意味がありません」(30代男性)と、妻以外のセックスの相手には、理想のセックスを求める声もあります。

    甘える姿がかわいい女性「見ているだけで癒し」


    「女性に甘えられると放っておけません。望みを叶えてあげて褒められれば、どんな願いでも叶えてあげたくなる」(30代男性)と、男としてのプライドが満たされれば、癒しされると感じる既婚男性は多いです。上手に男性を操る、お願い上手な女性が理想なようです。

    「自分にだけ甘えてくれる女性には恋愛感情がわきます。見ているだけで癒されそうな、甘え上手な女性が理想です」(30代男性)と、女性をかわいく思う気持ちが癒し効果を発揮するようです。

    母性と包容力がある女性「優しく包み込まれたい」


    「男でも、たまには甘えたくなる時もあります。ですから不倫相手には母性のある女性を求めます」(30代男性)と、妻に甘えるのが苦手な男性は、癒しの力をもつ母性本能の強い女性を求めるようです。

    「傷ついた時こそすべてを受け入れ、優しく包み込んでくれる女性が理想です」(30代男性)。普段は強がっていても、ネガティブな本音をさらけ出したくなる時もあります。そんな時に、優しく受け入れてくれる女性は手放せなくなるでしょう。

    初恋相手に似ている女性「気持ちを伝えたい」


    「既婚でも、初恋の相手に似た女性がいれば好きになると思います。心がときめいて気持ちも若返ります」(30代男性)と、初恋の相手に出会えた気持ちになるのかもしれません。

    「初恋の女性は忘れられません。告白しなかった心残りがあるので、初恋の相手に似た女性がいればお付き合いしたいです」(30代男性)。「初恋は実らない」と言われますが、過去にできなかったことを成就させたい気持ちから、自ら進んで不倫に走ることもあるようです。

    話を聞いてくれる・話が合う女性「自分の味方」


    「仕事や職場の愚痴を聞いてくれる女性が理想です。自分の味方だと実感できます」(20代男性)と、愚痴を嫌な顔をせず聞いてくれ、さらに優しい言葉で癒してくれる女性には、既婚男性でなくても魅力を感じます。

    「仕事や趣味の話を興味を持って聞いてくれる女性だと嬉しいです。話が合わない女性は、外見が好みでもつまらないし癒されません」(30代男性)と、不倫相手にも価値観やフィーリングの一致を求める人は多いです。

    優しい雰囲気の女性「ふんわりかわいい人が理想」


    「ギスギスした雰囲気の人は、こちらも神経を使います。明るくて優しい雰囲気の女性となら癒されそうです」(30代男性)と、多くの男性は不倫相手に優しく親しみやすい女性像を求めるようです。

    「いつも疲れているので、人にストレスを与えないふんわりとしてかわいい女性が理想です」(30代男性)。不倫に安らぎを求める既婚男性は、柔らかそうなイメージのかわいらしい女性に癒されたいようです。