あなたの「告白成功率」は?診断リスト&成功率アップのコツを伝授!

  • 要注意!成功率が急降下する告白とは?

    たとえ親密な関係を築いていたとしても、告白の方法によっては成功率を下げることもあるといいます。告白する際には、やってはいけない行動や言動があります。そこで、告白する際の要注意な行動や言動について解説していきます。

    LINEで告白


    LINEは好きな人と気軽に連絡を取ることができる便利なツール。しかし、使い方次第では軽い印象を与えることも。

    特に、告白などの重要なことをLINEで伝えるのはNG。LINEでの告白は、「酔っ払っているのかな?」「罰ゲームったらどうしよう」」など、相手を不安にさせる要素が満載。

    そのため、大事なことはLINEではなく、面と向かって伝えることをおすすめします。

    軽い印象を与えると告白成功率ダウン


    告白するとき、軽い口調で伝えてしまうと、成功率を下げることになりかねません。

    いくら感動的な内容のセリフで告白しても、ニヤニヤしながら頭を掻いたりしていると、本気度は全く伝わらず失敗に終わることも。

    普段はヘラヘラしているようなキャラの人も、告白のときにはビシッとキメるよう注意しましょう。

    上から目線な告白


    たとえ既に付き合うのが秒読みだったとしても、「どうせ好きなんでしょ?」といった上から目線の告白は成功率を下げることにつながります。

    「じゃあ付き合おう」などのセリフも、上から目線な印象を与えるので避けるべき。あくまでも自分の気持ちを素直に伝えることが大事ということを念頭に、謙虚な姿勢で告白するよう心がけましょう。

    成功率が急降下する告白の禁句ワードとは?


    告白の成功率を急降下させる禁句ワードはさまざまあります。中でも、「付き合いたい?」などと相手に委ねるような言い方はNG。自分から告白するのに、どちらでもいいような態度をとると、ほとんどの確率で告白が失敗に終わってしまいます。

    ほかにも、「じゃあ付き合っちゃう?」など、ノリ良く告白するのもなるべく避けることをおすすめします。チャラい印象を与えると、真面目な女性は非常に嫌がるので、言い方には充分注意が必要です。

    好きかもというセリフはNG


    告白するとき、「好きかも」「なんとなく」のような曖昧なセリフはNG。そんな態度では「所詮その程度か」と思われてしまっても仕方がありません。

    付き合うか付き合わないかを決断する重要な場面で、曖昧なセリフは相手に失礼になります。

    そのため、相手を不安にさせないようなセリフを考えてから告白に挑むことをおすすめします。