あなたの「告白成功率」は?診断リスト&成功率アップのコツを伝授!

  • あなたの「告白成功率」診断リスト《後編》

    告白成功率は、さまざまなことが影響して下がることがあります。下記の質問に当てはまると思ったら20%ずつマイナスになります。では、診断してみましょう。

    あなた以外に彼氏・彼女や好きな人がいそう?


    告白の成功率が低いケースには、相手に彼氏または彼女がいる場合が多くみられます。告白する前に、相手の恋愛事情をリサーチすることが大事。

    万が一相手に彼氏または彼女がいた場合、トラブルに発展することも。そんな相手への告白は成功率が低いだけではなく、万が一成功しても厄介なことになる可能性があるので注意が必要です。

    告白する相手とは顔見知り以下の関係性?


    顔見知り以下のお互いのことをよく知らない相手への告白は、失敗しやすい傾向にあります。告白するなら、ある程度仲良くなってからのほうが成功率が高まります。

    顔見知り以下の関係性となると、「よく知らないからとりあえず断っておこう」などと思われてしまうことも。告白するには、まずはお互いを知ることで警戒心を解くことをおすすめします。

    告白する相手の連絡先を知らない?


    相手の連絡先を知らない場合、相手がまだ心を開いていない場合がほとんど。告白するなら、いつでも連絡が取れる相手であることが大前提。

    告白する場所や時間を相手に合わせるためにも、呼び出す際には連絡を取り合う必要があります。

    連絡先も知らずLINEでやり取りをしたことがないという相手とは、まずは仲良くなることから始めましょう。

    告白する相手は遊び人?


    告白する相手が遊び人の場合、いくら仲良くなっても告白の成功率は低め。遊び人は不特定多数の遊び相手は欲しいものの、恋人を1人に絞ることを嫌がります。

    その場合、仲良くなったからといってその気になっても、相手は本気で付き合う気はないということも。そのため、告白する際には相手をしっかり見極めてから決断するよう心がけましょう。

    知り合ってから1ヶ月以内?


    知り合ってから間もない相手とは、まだ信頼関係が全くといっていいほど築けていません。そんな相手と付き合うのは、ある意味賭けに近いことから、成功率が低い傾向にあります。

    知り合ってからある程度の期間を経て、お互いのいいところを知ってからのほうが告白の成功率を上げることにつながるので、知り合ってすぐの告白はなるべく避けることをおすすめします。

    診断結果は?


    1.0〜20%だった人は、告白成功率はかなり低め。しかし、だからといって諦める必要はありません。工夫次第で成功率を高めることができるので、今後の行動を改めてみてはいかがでしょうか。
    2.20〜40%だった人は、告白成功率は低めですが、発展する可能性は期待できます。相手のことをもっと知るよう情報を集めてから告白してみましょう。
    3.40〜60%だった人は、失敗の可能性もまだまだ考えられますが、告白のタイミングやシチュエーション次第では成功率を高めることができます。そのため、告白の際には事前にしっかり計画することをおすすめします。
    4.60〜80% だった人は、告白可能な段階と言えます。とはいえ、雑な告白だったり、気持ちをちゃんと伝えられなければ失敗してしまうことも。自信を持ち過ぎて気を抜くと、思わぬ失敗につながるので注意が必要です。
    5.80〜100%だった人は、8割以上の成功率なので、安心して告白してもいいレベル!むしろ、ほぼ付き合っている状態の人も多いのではないでしょうか。あとはあなたの一言で正式に恋人同士になるだけなので、自信を持って告白しちゃいましょう!