【好き嫌いが激しい人】心理や特徴、克服方法まで徹底解説します!

  • 好き嫌いが激しい人に対する周囲の本音とは?

    好き嫌いの激しい人に対して、周囲はどんなふうに思っているのでしょうか。ここでは好き嫌いの激しい人に対する、周囲の人々の本音をご紹介していきます。

    いつ嫌われるか分からないから不安


    「好き嫌いが激しい人と一緒にいると、自分がいつ地雷を踏んでしまうのかわからなくて不安な気持ちになります。なるべく余計な地雷を踏まないように無難な会話だけしています。」(30代女性)など、いつ起こりだすかわからないので不安だという意見も。

    好き嫌いな激しい人は嫌いになるポイントも多く、しかもそれがわかりにくいので多くの人が戸惑いを覚えます。フィーリング合う人や忍耐強い人、もしくは鈍感な人などは付き合いやすいかもしれません。

    むしろ分かりやすくて良い


    「僕のチームの同僚は好き嫌いがめっちゃはっきりしてるんですけど、嫌なものや嫌ってはっきり言うのでむしろわかりやすいです。自分の場合は言葉に出さないで影で陰口たたかれるとかの方がダメージでかいですね。」(20代男性)など、好き嫌いがはっきりしているとわかりやすくて良いという意見もありました。

    好き嫌いが激しいものの、それを周囲にうまく伝えられるようなタイプの人は、周囲との摩擦を起こしにくいのでしょう。好き嫌いが激しい人が人間関係をうまくやっていけるかどうかは、コミュニケーションのスキルが高いかどうかにかかっています。

    少しは合わせてほしい


    「私も好き嫌いあるので気持ちはわからなくもないですけど、嫌だからって徹底してやらないというのは大人としてどうかなと思うときあります。みんなそれなりに我慢してるんだからあなただけ特別じゃないのよって。」(30代女性)など、やりたくないことを徹底してやらないという姿勢に反感を覚える人も。

    好き嫌いの激しい人は不快な状況を我慢できないので、他の人が我慢していやっているようなことも強く拒否してしまいがちです。そうなると我慢しながら仕事をしている人達の反感を買ってしまうのは当然の成り行きでしょう。

    相性が悪い人がいると気を遣う


    「Aさんは何でもかんでもはっきり言うタイプで、悪い人じゃないとは思うんですけど、相性が悪い人も何人かいて…。みんなで話しているときにAさんが来るとすごく緊張感が増すんですよね。お願いだから余計なこと言わないで!って。」(20代女性)など、協調性のなさが辛いという意見も。

    好き嫌いの激しい人は快不快のジャッジも厳しいと同時に、コミュニケーションのスキルもあまり高くないことがあります。その場合相手がどう思うかということを考えずに、思ったままを口に出してしまうこともあり摩擦が起こりやすいのです。

    間違ってないけど嫌な気分に


    「確かに言ってることは間違ってないんだけど、なんかシャクに障るっていうか。おっしゃる通りですよね!ってイライラしちゃうというか…。なんでしょうね、言い方ですかね。」(30代男性)など、好き嫌いの激しい人に指摘されると正しいんだけどイライラしてしまう、という意見もありました。

    好き嫌いの激しい人はセンサーが敏感なだけに、物事を正確にとらえる能力があります。多くの人がなあなあにしていることの核心をつくわりには、コミュニケーションのスキルが低いので、それを伝える際に不快な思いをさせることも。なあなあで済ませることができないというのも、好き嫌いの激しい人の特徴でもあります。

    一緒に仕事するのは無理


    「仕事の完成度が高いのはわかるし、有能なのもわかるんです。でも本当に許容範囲が狭くて、どんな理由でダメ出しされるかと思うと緊張感が絶えないんです。一緒に働くとすごくストレスがたまるので、あまり関わりたくないです。」(20代女性)など、仕事では有能だけど、一緒に仕事するのは疲れるからできないという意見も。

    好き嫌いの激しい人は、正しいか間違っているかをジャッジするセンサーがとても敏感で、そのうえ独特です。多くの人が思っている共通認識も疑ってかかるので、彼(彼女)のいる職場には常に一種独特の緊張感が漂います。中にはそのような緊張感が耐えられないという人も。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)