【好き嫌いが激しい人】心理や特徴、克服方法まで徹底解説します!

好き嫌いの激しい人はどうしてそんなに好き嫌いがはっきりしているのでしょうか。今回は好き嫌いが激しい人の特徴や、好き嫌いが激しくなる人の心理、好き嫌いが激しいことでのメリットやデメリット、好き嫌いが激しい人への対処法などについてお伝えしていきます。

  • 好き嫌いが激しい人には共通点が!?

    好き嫌いが激しい人にはいくつか共通点があります。この人好き嫌いが激しいかも?と思ったらチェックしてみてください。ここでは好き嫌いが激しい人の共通点をいくつかご紹介していきます。

    食べ物の好き嫌いが激しい


    まず根本的に「好き嫌いが激しい」には食べ物と対人関係の2種類に分けられます。そのため食べ物の好き嫌いが激しい人は、人の好き嫌いも激しい傾向にあるといわれています。人の好き嫌いと同じで、食べ物では「あれが食べられない」というものが多く、しかも食べ方についても生だと食べられないなど細かいNGポイントが。

    また同じものを食べていても平気だというケースもあります。その場合1週間ずっと同じ牛丼チェーンの牛丼を食べ続けている、といったことも。味覚に敏感というよりも、許容範囲が狭く食べられるものが少ないのです。

    思い込みが強い


    人の好き嫌いが激しい人は思い込みが激しいという傾向も。独特の判断基準を持ち、一度こうだと思ったらなかなか考えを変えることができません。また被害妄想的な思考をすることもあり、少し目が合わなかっただけでも「あの人は自分に悪意を持っている」などと考えることも。

    相手の行動から間違った推察をすることも多いので、誤解することもされることもよくあります。人の好き嫌いが激しい人と接していると、どうしてそんな風に思うんだろう、と度々感じます。

    人見知りがある


    人の好き嫌いが激しい人は、不快な人間関係の経験が多く人に対して慎重になる傾向が。すぐに心をオープンにしてフレンドリーに接するのが難しく、まずは警戒しながらコミュニケーションを取ろうとします。

    また人に対する独特の判断基準を持ち、自分が不快な思いをするのを避けようとします。机から書類がはみ出ているといったほんのささいなことでも嫌いになる一方で、ホッチキスの止め方が美しいなどの細かい理由で人を気に入ることもあり、好き嫌いの予測がつきません。