「お酒に強い女vs弱い女」モテるのはどっち?男性の本音をぶっちゃけ!

  • 「お酒に強い女」の恋愛あるある

    お酒に強い女性には一定の「あるある」が存在します。また、お酒が飲めるがゆえの悩みも。ここではお酒に強い女性の「あるある」をいくつかご紹介していきます。

    お酒好きな人じゃないと付き合えない


    「前に付き合っていた男性が本当に飲めない人で。飲んでもビールをグラス一杯。デートのたびに自分だけ飲むのも気が引けて、結局別れてしまいました。」(30代女性)など、飲むペースが男性と合わないので恋愛がうまくいかなかったという「酒豪あるある」も。

    デートの相手がぜんぜん飲んでいないのに、自分だけハイペースで飲むのもちょっと躊躇してしまうものです。デートでお酒を飲みたい女性にとっては、毎回不完全燃焼でしょう。お酒が強い女性は同じくお酒に強い男性と付き合った方が、デートが楽しくなるかもしれません。

    友達が少ない人とは付き合えない


    「私が飲み会に行くたびに嫌な顔するんですよねー。自分が友達少ないから出かける用事も少ないし…。ずっと一緒にいてほしかったみたいだけど、私はいろんな人とお酒飲んで楽しくお話ししたいタイプ。無理でしたね。」(20代女性)など、コミュニケーションの方法が違うのでうまくいかなかったという「酒豪あるある」も。

    お酒に強いとどうしても飲み会が楽しくなります。家で一緒にいてほしいタイプの男性が彼氏だと、彼氏の方にも彼女の方にもストレスがたまってしまいます。男女ともに外にでかけて話をするのが好きなら、理解し合えるかもしれません。

    たまに飲みすぎて失敗する


    「そんなにしょっちゅうはないんですけど、たまーに飲みすぎてとんでもないところで起きたりします。ついこの前は幹線道路の植え込みに埋もれて寝てました(笑)起きた時にあちこちかすり傷だらけで、しばらく気を付けようと思いましたね。」(20代女性)など、お酒でたまに失敗するという「酒豪あるある」が。

    お酒に強い女性は普段飲みなれているので、それほど失敗しません。しかしたまに飲みすぎて失敗してしまうことも。下手に飲めるだけに、酔っ払いかたもかなり強いものになりがちです。

    付き合いはじめは猫をかぶる


    「付き合いはじめて最初のころはお酒は弱いのしか頼みません。最初からすごい飲むと思われるのも、ちょっと危険かなって思いまして。大丈夫そうならだんだん本性を出していきます(笑)」(30代女性)など、男性と付き合いはじめのころは飲めないフリをするという「酒豪あるある」も。

    お酒をたくさん飲むというのは女性の印象にプラスすることはあまり多くありません。なのでお女性が酒をたくさん飲むことに抵抗がある男性かわからない時期は、お酒に強い女性はひとまず猫をかぶってお酒が飲めないまたは弱いフリをします。