「お酒に強い女vs弱い女」モテるのはどっち?男性の本音をぶっちゃけ!

  • お酒に強い女性と弱い女性、結局どっちがモテるの?

    お酒に強い女性、お酒に弱い女性、それぞれに好感を抱く男性がいます。結局男性に好感度が高いのは、お酒に強い女性でしょうか、それともお酒に弱い女性でしょうか。ここではどちらの方が人気があるのかを検証してみたいと思います。

    実は「お酒に強い女性」の方が人気!


    「お酒に強い女性は一緒に飲んでると楽しいです」(30代男性)「お酒に強い方がこちらが気を遣わなくて楽」(20代男性)など、お酒を飲むときに気を遣わずに楽しく飲めるというのが、お酒に強い女性の魅力という男性が多いです。

    お酒に強い酒豪タイプの女性が好きな男性は、守ってあげたいタイプの女性よりも一緒に楽しく飲める女性の方を好むということでしょう。一緒にお酒を楽しみたいタイプの男性は、独立心の強い女性を好む傾向があります。

    「自分より強い女性」はNG?


    一方「女性より劣っているなんてプライドが許さない」という昔ながらの価値観を持っている男性もいます。そのような男性は女性が大声で話したりお酒をたくさん飲んだりといった、開放的な姿でいることを好みません。また自分よりお酒に強い女性には劣等感を抱くことも多く、お酒に強い女性を避ける傾向が。

    そういった男性は自分の能力を超えない女性を好み、お酒を飲んだとしてもジュースのような甘いカクテルを頼む女性を好ましく思うようです。女性はあくまでも自分の引き立て役であり、自分が保護するべき人間でいてくれることも望みます。

    価値観が合えばどちらでも


    お酒が強いか弱いかはどちらでもよく、価値観が合うかどうかが大切だという男性も。こういった男性は女性がお酒を飲むかどうかは問題にしませんが、生き方の価値観や共通の趣味、一緒にいてフィーリングが合うかどうかを重要視します。

    お酒に関してはトラブルが起こるような飲み方をしなければ構わないと思っていることが多く、女性の飲酒行動について「こうすべき」などの意見があることは少ないようです。