「お酒に強い女vs弱い女」モテるのはどっち?男性の本音をぶっちゃけ!

  • 「お酒に弱い女性が好き!」という男性意見

    お酒に強い女性の方が好感度が高いという男性に対して、お酒に弱い女性の方が好感度が高いと感じる男性もいます。ここではお酒に弱い女性が好きという男性の意見をいくつかご紹介していきます。

    清楚なイメージ


    「お酒に弱い女性ってやっぱり清楚なイメージがあります。お酒を飲んでだらしない姿を見せることがなさそうで、付き合うならお酒をあんまり飲まない女性がいいなって。」(20代男性)といった意見も。お酒に強いか弱いかはただの体質の問題ですが、弱い方が清楚で周囲にだらしない姿を見せないというイメージがあることは確かなようです。

    お酒が飲めないイコール清楚というには無理がありますが、清楚系の女性を好きな男性に気に入られたいならお酒を飲めないフリも有効かもしれません。たとえお酒を飲んだとしても「たしなむ程度です」とでも答えておいた方が好感度が上がります。

    お酒に強い女性は可愛げがない…


    「お酒を男勝りにガバガバのむ女性には僕は魅力を感じないです。ちょっとお酒をなめて無理!っていう女性が理想。酔っぱらって大声でしゃべる女性は恋愛対象にならないですね。」(30代男性)など、お酒を飲みまくってワイワイ騒いでいる女性は恋愛対象外だという意見もありました。

    女性が外でお酒を飲んで楽しくなるのは別に悪いことではありませんが、女性はお酒を飲んで騒ぐべきではないというステレオタイプな価値観を持ち続ける男性も一定数いることは確か。こういうタイプの男性と付き合いたいのであれば、彼の前でアルコールは一切口にしない方が良いでしょう。

    浮気の心配が少なそう


    「お酒を飲めないってことは、お酒で失敗することもないということ。飲みすぎたあげく他の男と、なんてこともなさそう。」(30代男性)など、お酒を飲めない女性のほうがお酒の席で盛り上がって間違いを犯すことが少なそうだという意見もありました。たしかにお酒を飲んで楽しくなって起きたら隣に彼氏ではない男性が!といったこともないわけではなく。

    この手の男性は飲み会でハメを外しすぎる女性を信用できません。問題は彼女が酒豪かどうかではなく信頼関係があるかどうかなので、お酒を飲んでも飲みすぎない、遅くまで飲み会に付き合わないといった対応で安心させると良いでしょう。

    飲みすぎて失敗しなさそう


    「お酒が飲めないということは、お酒を飲みすぎることがないということ。だから飲みすぎて醜態をさらしたり、トラブルを起こしたりしないということですよね。」(30代男性)など、お酒によるトラブルを避けられるという意見も。お酒に弱いことは、すなわちお酒のトラブルがないということでもありませんが、飲めない女性の方がお酒でトラブルになる機会が少ないと思っているのでしょう。

    この男性の場合も根底には女性はお酒を飲みすぎて醜態をさらすべきではない、という考え方がひそんでいます。この男性は女性が酒豪かどうかよりも、トラブルを起こされたくないという希望の方が勝ります。外で恥をかかされるのが嫌いなタイプなので、飲酒以外の行動も慎重にした方が良いでしょう。