キープされやすい女性の特徴とは?本命との見分け方や男性心理を解説!

  • なぜ男性は女性をキープしたがるの?男性の心理

    そんな複数の女性とフラフラしないで、一人の女性だけを愛しておくれ!なんて女性の願いも虚しく、男性の中には女性をキープしたがる人もいます。

    普通に考えれば付き合って恋人になった方が色々と楽しそうなものですが、なぜ男性は女性をキープしたがるのでしょうか?

    いろんな女性と遊びたい


    「自分は3年間一人の彼女と真剣に付き合って、真面目な恋愛をしていたけど、彼女が浮気して別れることに。自分ばかり相手を大切に思っていたのかと思うとバカらしくなって、今はいろんな女性と遊びたいなぁって感じ。付き合うとかは面倒くさいかな。」(25歳/アパレル/男性)

    若ければ若いほど、男性はいろんな女性と遊び、男としての経験値をあげたいと思っています。それは決して悪いことではないですし、人生経験の一つとしてはアリ。一人の女性と付き合うより、複数の女性と出かけられる関係の方が楽しくて良いなんて意見も。

    予定が埋まらないのが嫌


    「僕は女性をキープしたいわけじゃないんだけど、予定が埋まらないのがとにかく嫌。仕事が休みの日はもちろんだし、仕事終わりも自由な時間があり過ぎると不安になる。予定が合う人を探していたら、何人かの女性とごはんに行くようになっちゃった。」(24歳/会社員/男性)

    こなし切れない程の予定がある方が安心する人も中にはいて、そういう人はスケジュール帳に空欄があるのが許せないのです。毎日同じ人と会えればいいけど、そうもいかないから、結果的に色々な人と遊んでしまっているような関係に。恋愛感情は関係ないのかも。

    本命の人に恋人がいる


    「ずっと片思いしている大好きな女性がいるけど、彼女には長く付き合っている恋人がいる。それでも彼女への想いは忘れられないから彼女だけを想い続けたいけど、自分も人間だから寂しくなる時もある。そういう時は適当な女の子と遊んじゃうんだよね。」(25歳/消防士/男性)

    女性を惑わす小悪魔的な男性がこのパターン。自分は好きな人がいるのに、その人との関係が発展しないから他の女性をキープしてしまう、女性的には一番厄介な男性です。

    ただただ寂しい


    「自分は昔から寂しがりやで、一人でいる時間が多いと、自分がダメな人間なんじゃないかと思えてくる。だから自分の都合に合わせて会える女性を何人か作ってしまう。彼女たちのことが嫌いなわけでもないけど、一人だけにはできないからキープしてる。」(20歳/学生/男性)

    寂しがりやの男性の中には、一人でいると辛くなってしまうため、自分の都合に合うように、何人かの女性を常にキープしてしまう人もいるようです。

    女の子はみんな可愛いから決められない


    「この世にはこんなに可愛い女の子がたくさんいるのに、特定の人と付き合うってなかなかリスキー。その女の子とデート中に、もっと可愛い女の子を見つけたらどうすればいいの?その子を傷つけるだけだから、付き合わないで俺は適当に遊ぶスタイルを貫いてくよ。」(21歳/サーファー/男性)

    男性の中にはこんな強者も。確かに彼女がいないなら、複数の女性と遊んでいたって別に悪いことはないし、言ってることは間違ってはいないけど…。女性側が本気の恋をこういう男性にしてしまうと、とても厄介なことになりそうです。
  • キープされやすい女性の特徴

    「自分では気づいていなかったけど、思い返すと私って、いつもキープされてるかも?」なんて心当たりのある女性も少なくないのではないでしょうか。

    キープされやすいということは、男性からするとガードが弱そうに見えるということです。ではキープされやすい女性にはどんな特徴があるのでしょうか?

    いつも露出が激しい服を着ている


    男性的に一番楽に落とせそうだなと思うのが、いつも露出度高めのファッションを好む女性です。背中や胸元がばっくり開いていたり、ミニスカートなどで脚を出すファッションが好きな女性は、キープされる可能性が高いです。

    女性の肌が見えている面積が広ければ広いほど、「この子は簡単に落とせるな」「この子はガードが緩そうだな」「この子はナンパ待ちかな」などと男性に思われてしまうでしょう。

    キープ女になりたくない女性は、あまり派手過ぎない、シンプルで女性的なファッションにするといいかもしれません。

    みんなに気があるそぶりをする


    女性の中にはなんとも思っていない男性にも、気があるようなそぶりをしてしまう人がいます。一度男性に「この子は誰にでもこういう態度をとるのだな」と思われてしまうと、「軽い女」扱いされてしまいます。

    そういう女性に対しては、男性も「いろんな人と遊んでるんだろうから、別に自分が大切にする必要はないな」と思ってキープ女になってしまうのでしょう。

    口元がだらしない


    いつも口元が緩かったり、話し方がだらしのない女性は、キープ女になりやすいです。男性的には口元の印象がだらしがないと、「この人は日常生活もだらしがないのかな」と思ってしまいます。

    特に顔が可愛い女性だったり、男性のタイプの女性だと、「真剣に付き合うのはあれだけど、遊ぶだけならもってこいだな」という風に思われてしまい、キープ女になってしまいます。

    パッと見気弱そう


    パッと見気が弱そうな女性もキープ女になりがちです。気が弱そうな女性は押しに弱そうに見えるので、自分でも落とせるのではないかと、男性的にはハードルが低めです。

    「気が弱そうだから彼女と遊びたいわけではないけれど、今は彼女もいなくて色んな人と遊びたい時期だから、女性が気が弱そうならば自分の都合に合わせてくれそうだし、あんまり面倒くさいことにならなそう。」なんて考え方をする男性も。

    男性経験が少ない


    男性経験が少ない女性もキープ女になることがあります。男性経験が少ない女性だと、そもそも恋愛がどういうものか、付き合うとはどういうことか、経験値が少ないので確証が持てず、知らぬ間にキープ女になっていることが。

    男性的にも「男性経験が少ないなら俺が教えてあげよう」などと適当なことを言って近づきやすいのです。経験値が少ないと、自分がキープ女だったと気付いた時に傷つく度合いが大きくなるかもしれないので、ならないように注意しましょう。