これって嫌い避け?その心理や好き避けとの見分け方・対策を徹底解説!

  • 嫌い避けされてる?と思ったときの対処法《女性編》

    女性同士の集団はコミュニケーションが密接なので、嫌い避けされることもしばしばです。また実績を上げている場合は男性に嫌い避けされることも。ここでは女性が嫌い避けをされた場合の対処法についてお伝えしていきます。

    友達に仲介を頼む


    女性はコミュニケーションが男性に比べて複雑で密接です。女性が女性に嫌い避けされることはよくあることで、嫌い避けが始まると集団の中でも孤立することがあります。特に人望があるタイプの女性に嫌われると、集団無視に発展しかねません。

    友人に嫌い避けをされた場合は、別の友人に仲介をお願いするのもひとつの方法。その場合は公平な立場の友人を頼ると良いでしょう。嫌い避けなんかしていない、と主張することもあるでしょうが、あなたが不安に思っている気持ちを伝えておくだけでも嫌い避けが緩和することがあります。

    上司に仲裁を頼む


    嫌い避けをしている人が職場の人の場合、仕事に支障が出ることもあるので厄介です。職場での嫌い避けは嫉妬であることが多く、実績をあげている優秀な女性は嫌い避けされることも多いでしょう。職場の場合女性だけでなく男性に嫌い避けされることもあるので気を付けたいところ。

    男性は女性よりも嫉妬心が少ないように思われていますが、男性も女性以上に嫉妬します。特に能力面で劣っていると感じると、嫉妬が発動しやすくなります。どうしても仕事に支障が出る場合は、上司や調整能力が高い同僚に仲介を頼んでみましょう。

    仕事に支障がなければ放置


    職場で嫌い避けされている場合、部署もプロジェクトも関係なくて特に仕事に支障が出ないこともあります。嫌い避けされるのは決して気持ちが良いものではありませんが、特に問題がない場合はあまり刺激せずに放置するのもひとつの方法です。

    職場での嫌い避けは嫉妬のほか生理的に受け付けないといった理由が多いので、対処のしようがありません。嫌い避けする人の視界にこちらからも入らないようにするなどして、物理的にも精神的にも距離をとっていきましょう。

    必要以上に関わらない


    嫌い避けされている理由がまったくわからない、嫌いな理由は周囲に聞いたけど対処できるものではない、といった場合もあります。その場合はあなたに非はありませんので、相手を刺激せずになるべく関わらないようにするのが一番です。

    学生であれば交友範囲を広げて違う人間関係を作っていく、職場であれば必要な業務以外は一切かかわらないようにします。避けられているだけならこちらに被害は発生しません。ただし職場で業務に支障が出る場合は、上司に相談するなどして最低限の仕事だけはこなしてもらうように働きかけると良いでしょう。