これって嫌い避け?その心理や好き避けとの見分け方・対策を徹底解説!

  • 嫌い避けされてる?と思ったときの対処法《男性編》

    嫌い避けされている場合、どうして嫌い避けされているのかわからない場合がほとんどです。特に男性が女性に嫌い避けされている場合は、まったく理由がわからないことも多いもの。ここでは男性が嫌い避けされている場合の対処法などについてお伝えしていきます。

    直接聞く


    多くの男性は女性の気持ちを理解したり察したりすることが苦手です。なので嫌い避けをされていても、なぜ嫌い避けされているのかまったくわからないことがほとんど。

    嫌い避けされていて色々と困る場合は、直接理由を尋ねてみるのもひとつの方法です。相手が否定した場合は、実際されて困っている行動を具体的に話してやめてもらうという対処法がおすすめです。

    用がなければ近寄らない


    なぜか嫌い避けされているけど、仕事上特に支障がない場合はあまり近寄らないという対処法もあります。嫌い避けされるのは決して気持ちが良いことではありませんが、特に大きなデメリットがなければ放置しておいても問題ないでしょう。

    嫌い避けされてどうしてもイライラしてしまう場合は、うまくいっている人と会話したり楽しいことを考えたりしましょう。嫌い避けされているダメージが多少は癒されるはず。

    刺激しない


    嫌い避けされている理由がまったくわからず、嫌い避けされてとくに仕事などに支障がない場合は、相手をあまり刺激しないのが一番です。あなたを気に入らない理由がなんとなく理解でき、それを直せる場合は直しておきましょう。

    一般的に直す必要がないこと、直せないことである場合は、あなたの事情というより相手の事情です。相手が気になっていることをひけらかしたりせずに、あまり関わらないようにするのがおすすめです。自ら相手の視界に入らないという対処法も。

    変に媚びない


    嫌い避けされている理由がまったくわからない、またあなたにまったく非がないようなものの場合は、特に対処は必要ありません。変に相手に合わせて嫌われているところを直してしまうと、嫌い避けしている人が過剰に反応してしまうことも。

    嫌い避けすることであなたの行動を修正できた、という実績を作ってしまうので、嫌い避けをすればあなたをコントロールできると学習してしまいます。あなたが悪くない場合は、あまり関わらずに放っておくのもひとつの方法です。