これって嫌い避け?その心理や好き避けとの見分け方・対策を徹底解説!

  • どうしてするの?嫌い避けする心理とは

    嫌い避けの理由は嫌いだから避けるというシンプルなものですが、ある程度大人になっていたらなかなかできるものではありません。それでもあえて嫌い避けしてしまう心理とはどのようなものなのでしょうか。ここでは嫌い避けする人の心理についてお伝えしていきます。

    関わりたくない


    嫌い避けする人は何らかの理由で嫌い避けしている人と関わりたくないと感じています。理由は嫌い避けをしている人によってそれぞれなので、実際本人に聞いてみないとわかりません。

    人間関係が密で雰囲気が悪くなると仕事や学業の成績に影響するなど、人間関係への影響が避けられない場合は、第三者に仲介を依頼するのもアリです。ゆるやかな人間関係の場合は、しばらく様子見してみても。

    嫉妬が隠せない


    人が人を嫌いになる理由のひとつに「嫉妬」というものがあります。嫉妬は誰しもが持つ心の動きなので、ある程度は仕方がありません。人間関係の悪化が業績などに響く場合は、上司や同僚などに仲介を頼むのも手です。

    原因が嫉妬の場合は、下手に刺激すると事態が悪化しかねないので注意が必要。嫉妬の対処法には、嫉妬を本人のエネルギーに変えて頑張ってもらうという方法もあります。嫉妬している本人の問題が大きいので、影響が少ないならあまり刺激しない方がベターです。

    生理的に受け付けない


    人を嫌いになる理由に、「生理的に受け付けない」という理由があります。鼻の形が無理だとか、髪型が無理だとか、外見的特徴もしくは行動のクセなどをターゲットにして嫌いになるというものです。ある程度の年齢に達したら生理的に受け付けないという理由で嫌い避けするのは微妙な行動ですが、嫌いな気持ちを制御できない人も。

    そういう人たちには嫌われている人が何をしてもあまり効果はないので、そっとしておくのが一番です。ただし一般的な基準でも清潔感がないなど、嫌い避け理由がはっきりしている場合は改善してみましょう。

    性格的に合わない


    Aさんとは楽しく話せるけど、Bさんとはなんとなく話が弾まないという具合に、人には相性というものがあります。さらにそれがこじれたり、嫉妬やコンプレックスが絡んだりすると、「嫌い」という感情に発展します。

    嫌い避けをしている人は嫌いな人と相性が悪いところに、様々な要因が重なってますます嫌いになり、嫌い避けしている可能性も。嫌われる方に相応の理由があるなら、ある程度の改善をしてもらうことで嫌い避けが緩和するかもしれません。

    しかし嫌いな理由が個人的な理由の場合、解決するのは難しいでしょう。