これって嫌い避け?その心理や好き避けとの見分け方・対策を徹底解説!

嫌い避けとは読んで字のごとく「相手が嫌いだから避ける」行為をいいます。自分が嫌い避けされてしまったときはどうすればいいのでしょうか。今回は嫌い避けと好き避け、ごめん避けの違いのほか、嫌い避けが起こる心理や嫌い避けへの対処などについてお伝えしていきます。

  • 嫌い避け・好き避け・ごめん避けの違いとは?

    人を避ける行動にはいろいろな理由があります。ここでは人を避ける理由の「嫌い避け」「好き避け」「ごめん避け」の違いについてお伝えしていきます。

    嫌い避けとは


    嫌い避けとは文字通り「嫌いだから避けている」という状態のことです。嫌いだから近寄りたくない、話したくない、というストレートな表現である意味自分の心に素直な行動と言えます。

    嫌い避けをする理由は人それぞれなので理由がわからないこともしばしば。理由があれば対処できることもありますが、なぜ嫌われているかわからないまま避けられているパターンもあります。

    好き避けとは


    好き避けとは「好きすぎて避けている」という一見わかりにくい状態のことです。相手を好きすぎるあまり緊張してしまい、目を合わせるのを避けたり会話を避けたりします。

    好きすぎるあまり避けてしまうので、本人的にも戸惑う気持ちが。それでもコミュニケーションを取るのはうれしいので、挙動不審な行動を取りながらもコンタクトしてきます。

    ごめん避けとは


    ごめん避けというのは「相手の好意を受け入れられないがあまり避けてしまう」という行動です。相手の好意は伝わっているけれど、このまま仲良くしていたらいずれ「ごめん」と断らなければいけない。ならばいっそ告白されないように距離を取ろう、という心理からくる行動です。

    ごめん避けは引っ込み思案の人や、断るのが苦手な人に多い傾向が。ごめん避けをされている場合は、相手が困っている状態なのであまり気持ちをだだ漏れにするのは控えた方が良いでしょう。