目を見て話す人の心理を男女別に紹介!脈あり?駆け引き?見分け方も

じっと目を見て話す人がいると、思わず「脈あり?」と受け止めてしまうもの。そんな相手の心理状態を見分ける方法をご紹介します。目を見て話す人の心理は、男女別でも違いがあるので勘違いにご注意を。そんな「私のこと好きなの?」と感じる人の恋愛心理を覗き見しましょう。

  • じっと目を見て話す人の心理って?

    会話をしている中、熱い視線でじっと目を見つめられると思わず「ドキッ」と緊張してしまいますよね。何とも思っていなかったはずのに、じっと目を見つめられたことで意識してしまったり…。

    目を見れば相手の心理がわかると言いますが、好きな人の心理ほど難しいものはありません。そして、目を見て話す心理は、男女それぞれ少し違いがあるようです。その心理が見分けられれば、恋愛で勘違いすることもなくなるはず!

    「脈あり?それとも…」と迷った時の参考になる、「会話中じっと目を見て話す人の心理」についてご紹介します。

    目を見て話す心理は男女で違う?


    女性が男性と話す時はつい…モジモジしてしまいませんか?好きな人が相手だったら、ますます目線をそらしてしまって、誤解を与えるような態度を取ってしまった…そんな経験はないでしょうか。

    見たいのに直視できないばかりにチラ見をしてしまったり…。その点では、男性の方がじっと目を見て話す人が多いようです。その心理状態は一体どうなっているのか?気になりますよね。

    男性は、本能的に「つい見てしまう」心理が働くようです。つい目で追ってしまうからこそ、話をする時もじっと目を見てしまうんだとか。女性は照れてしまうと、手で顔を覆って隠す人もいますよね。そんな心理から、目を見ることができなくなるようです。

    専門家に聞いた「目を見て話す」ときの心理


    専門家の話によれば、「目を見て話す」行動は好意的な心理の表れなんだそう。特に注目すべき点は、瞳の瞳孔が開くかどうか?で、興味がある・なしが分かるというところ。じっと目を見て話す相手の瞳孔が開いていれば、好意を持っている=脈ありと考えて良さそうです。

    目を見て話す時のしぐさの、男女別の違いはこう。男性なら「聞いている時に目を見る」、女性なら「自分が話をしている時に目を見る」傾向にあるとのこと。また、自分に自信がある人ほど、会話中じっと目を見て話すそうです。

    話をしている時のようすにも、「楽しい」や「つまらない」という心理は表れるので、その辺についても詳しくご紹介していきます!

  • 目を見て話す男性心理

    会話中、男性から目を見つめられると「どうしよう…」と不安になったり、どこを見て話せばいいのか分からなくなったり…。相手がイケメンだったらつい、チラ見が止まらなくなるという女性が多いはず。

    そんな風に、じっと目を見て話す男性心の中はどうなっているのでしょうか?ニコニコしていても、心の中で「つまんない」と思っていたら…ショックですよね。そこで、男性は一体どう思っているのか、「目を離す男性心理」について色々パターンをご紹介します!

    緊張している


    家族や友達以外の人と話す時、男性は割と緊張しています。じっと目を見て話していても、内心ドキドキしているもの。目が合うようで、どこかキョロキョロしていれば緊張感が高まっているという心理状態でしょう。

    そんな緊張感ある心理状態の中、必死に目を見て話す男性は、あまり噓がつけないタイプです。女性と話すことが苦手な男性にこそ「どうしよう…」と思ってしまい、不安な心理状態になっていることが伝わってくるはずです。

    緊張しているときも瞳の瞳孔は小さく縮んでしまい、口元を見れば下唇を噛んでいたり…。「この人不安そうだな」という様子が手に取るようにわかるので、チラ見しながら観察してみてください。

    好意があるという心理状態


    真っ直ぐに目を見つめてくる、しかも笑顔で話しているのは好意がある心理状態の表れです。男性の黒目が大きく見えた時は「好きです」と目が語っているようなもの。心の中で「可愛い…!」と思っている可能性も高いです。

    少し驚いたような表情だったら、「すごくタイプ」「仲良くなりたい…」と心の中で叫んでいるかもしれません。女性がイケメンと話す時に、心の中で「キャー!」と叫んでいる状態と同じです。

    照れながら話をしている男性なら、好きなんだけど「どうしたらいいんだ!?」という心理状態のはず。そんな時は、こちらからアプローチをすると思わずOKを出すかもしれません!

    目を見て話すのが礼儀だと思っている


    女性をドキドキさせておいて「あれ?」と戸惑わせる男性もいます。じっと目を見て話す態度は真剣そのものなんですが、ただそれは「相手の目を見るのが礼儀だし…」と答える男性の心理です。

    「私のこと好きなのかも?」と勘違いさせることが多く、当の本人は全くそんなつもりがない…そんな、やや鈍感なタイプの男性に見られます。イケメンなのにモテていることに気づいていない、恋愛面は純粋なタイプです。

    話すときに目を真っ直ぐ見つめてくる男性は、学生時代は部活一筋だったようなスポーツマンタイプや、男気が強めのタイプが多め。性格も真っ直ぐなので好感度は高いです。

    恐れている心理の表れ


    目を見ては下に視線を落とす…そんな様子が見られるときは、相手に恐れを感じている心理状態になっているはず。頭が上がらない相手には、どうしても下から目線で目を見てしまうもの。プライドの高い男性ならば、屈辱的な気持ちになっているかもしれません。

    自分に自信がない男性も、不安な心理状態からおどおどした目で見ることがあります。相手に強く言われたら「ごめんなさい」と謝ってしまうような、どこか気弱な態度が伝わってくるでしょう。

    それでも目をそらさないのは、何とか誠実な態度を見せようという心理の表れです。また、「目をそらしたら負けだ」という、野性的な感情を持っている人もたくさんいます。

    支配したい


    自分の言う通りにしてほしいといった支配感を持っている男性は、話すときに上から目線になっています。黒目が下の方にあって、冷たい印象の目をしているのも特徴的。下から見上げたときに、半月型の目に見えると思います。

    いつも自分が優位に立ちたい「S男タイプ」に多く、自分の言いなりになってくれる女の子だけを可愛がる傾向にあります。恋愛に発展すると、束縛彼氏になる可能性も大。