彼女とハグしたくなる瞬間は?「アレが当たる」意外な男性心理も解説!

  • ハグで得られる効果とは?

    恋人とハグをすると、何とも言えない多幸感に包まれますよね。その幸せは自分の感情によるものだけで、科学的な効果は何もないように考えられがちです。

    しかし、実はハグには神経やホルモンに関わる科学的な効果があります。意外と知られていない、ハグの科学的な効果を見ていきましょう。

    幸せホルモンが放出


    恋人とハグをすると、幸せを感じて気分が上がりますよね。それは単に気持ちの問題ではなく、科学的な効果があると言われています。人はドキドキや多幸感を感じると、脳から「ドーパミン」という物質が出ます。人間の脳内はこの「ドーパミン」によって気分が高揚し、気分が上がるという仕組みになっています。

    その一方で「ハグをすると落ち着く」という意見もありますが、実はこれには自律神経が関係しています。ハグをすると副交感神経が優位になりますが、副交感神経は安静時に優位になる神経であるため、ハグをすると副交感神経が優位になり、リラックスした気持ちになれるのです。

    これらの作用によって、人は恋人とハグをすると気分がよくなります。好きな人とのハグが私たちに与えてくれるパワーは偉大なものですね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)