サシ飲み=デート?異性と二人で飲む男女別の心理|誘い方も紹介!

同じような意味にも感じる「サシ飲み」と「デート」ですが、この二つにはどんな違いがあるのでしょう。異性同士でサシ飲みをすることは、デートとどこが違うのでしょうか。男性・女性の心理を体験談から紐解きながら考察してみました。ぜひ参考になさってください。

  • 異性に「サシ飲み」に誘われた…これってデート?

    人間関係において、”誘われる”ということがあるでしょう。学校の友達、職場の同僚・上司・部下など、その関係性はさまざまです。相手がどんな関係性の人でもそれが異性の場合、誘われたら「これってデートなの?」と考えてしまう時があるかと思われます。

    今回は、異性に誘われた…しかもサシ飲み!というケースについて、男女別にその心理などを深掘りしていきましょう。

    そもそも「サシ飲み」の意味とは?


    最初に「サシ飲み」の意味についてご説明しましょう。サシ飲みのサシとは、”差し向かい”の差しのことです。つまりサシ飲みは「差し向かいで飲む」という言葉を縮めたもので、複数ではなく1対1で向かい合って飲むというのが「サシ飲み」の意味となります。なので異性同士がサシ飲みをするというのは厳密にはデートではありませんが、限りなくデートに近い意味を持ちます。

    サシ飲みはデート以外の意味合いも…


    サシ飲みの使い方として、1対1で飲むということでも必ずしもデートの意味合いで使うわけではありません。サシ飲みはあくまでも1対1で飲むということで、”異性同士”や”デート”ということには限定されていません。

    なので同性同士で飲みに行く場合もサシ飲みという言葉を使いますが、これは特に男性同士が多く使う傾向にあります。女性同士で飲みに行く場合もサシ飲みには違いありませんが、あまり使っている人は少ないでしょう。