「別れたくない」と彼氏に思わせるには!?方法や特徴を解説します!

何らかの理由で、カップルが破局を迎えてしまうことはあるでしょう。まだ未練がある場合は、復縁を願うこともあるはずです。そこで今回では、一度は破局した彼氏に「やっぱり別れたくない」と思わせるコツを紹介します。復縁したい彼氏がいるあなたは、ぜひチェックしてください。

  • 彼氏に「やっぱり別れたくない」と思わせたい人へ

    ケンカやすれ違いなど、何らかの理由でカップルが破局の危機に瀕してしまうことはあるでしょう。このような場面で、どのように行動したら良いのか迷ってしまう人は少なくありません。特に、女性の場合は「別れたくない」という気持ちを伝えにくいという人も。もう諦めるしかないのでしょうか?

    別れの危機は乗り越えられる!


    彼氏に「やっぱり別れたくない」と思わせることができれば、2人の別れの危機は、十分乗り越えることができます。長く付き合い続けているカップルの中には、何度も破局の危機を乗り越えてきた人たちがたくさんいます。一度別れて復縁をしたというエピソードも珍しくありません。

    フラれかけても諦めないことが大切


    たとえ彼氏にフラれかけてしまったとしても、そこで諦めないことが復縁への道を切り拓いてくれます。泣いているだけでは、未来を変えるのは難しいでしょう。大切なのは、「彼氏の気持ちを取り戻すために、何をすれば良いのか」を冷静に見定めることです。
  • 彼氏に「別れたくない」と思わせる方法《言葉編》

    彼氏に「やっぱり別れたくない」と思わせるためには、言葉はとても有効です。あなたの気持ちをストレートに伝えることができますから、彼氏の心も動かされやすくなるでしょう。

    実際に言葉を伝えるのには、「直接会う」「電話をする」「LINEをする」といったいろいろな選択肢が挙げられます。あなたと彼氏の2人にとって、もっとも適切な手段を取ってください。

    「感謝の気持ち」を伝える


    心から「ありがとう」と言われて嬉しくない人はいないでしょう。これは破局しかけのカップルでも同じことです。感謝の気持ちを伝えることは、2人の距離を縮める、とても効率の良い方法だと言えます。

    彼に「やっぱり別れたくない」と思わせるためにも、ちょっとしたタイミングに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えるようにしてみましょう。日常の何気ないことへのお礼はもちろん、これまでしてもらったことに対してのお礼でも構いません。

    「あの時こうしてくれたよね、ありがとう」と言って、過去にさかのぼってお礼を伝えるのはおすすめです。2人の幸せな思い出話に繋がりやすいため、気持ちが復縁に向かいやすいからです。

    「謝罪の気持ち」を伝える


    ケンカやすれ違いのようなトラブルが起きてしまっているなら、謝罪の気持ちを伝えるのも大切です。

    一見ネガティブな発言になって、関係性が悪化してしまいそうですが、悪いことばかりでもありません。彼氏の方にあなたに対する無意識の怒りや不信感が残っていると、いつまで経っても次のステップが踏み出せないからです。「あの時はごめんね」と改めて謝罪をすることで、マイナス状態になっていた2人の関係性を、フラットな状態まで持ち上げることができます。

    また、あなたに謝られたことによって、彼氏もまた「自分の方こそごめん」と謝るチャンスを得られます。お互いが心から本音を語り合うきっかけになり、「やっぱり別れたくない」と思わせることにも繋げられるでしょう。

    今でも「愛している気持ち」を伝える


    彼氏に「やっぱり別れたくない」と思わせるためには、あなたが彼を今でも愛していることが伝わらなくてはなりません。自分をもう愛していない相手と「別れたくない」と思わせるのは難しいからです。

    そのためにも、彼氏には改めて「今でもあなたのことが好きだよ」と伝える必要があります。これは改めて愛の告白をすることと同じですから、方法やシチュエーションなどにも気を配るようにしましょう。このときはLINEではなく、電話や対面を選ぶのがおすすめです。オシャレをしたり、2人の思い出の場所に出向いたり、彼の心があなたに向かいやすいよう演出するのも良いでしょう。

    彼氏を「気遣う気持ち」を伝える


    人は、自分を大切にしてくれている人に対しては、同じような気持ちを返そうと努力する傾向にあります。相手の気遣いを感じた時は、「自分も同じように相手を大切にしよう」と思えるようになるからです。

    この心理を活用すれば、あなたが彼氏を気遣っていることを伝えることで、2人の距離をぐっと縮めることができるでしょう。「最近どう?」といった簡単な内容でも構いませんし、「疲れてない?」「忙しそうだけど、ちゃんと休まなくちゃだめだよ」といった細かいフォローを入れるのもおすすめです。

    あなたの優しい心遣いを感じてもらい、彼に「やっぱり別れたくない」と思わせやすくしましょう。