好きな女性に「触りたい」男性心理とは?触れたくなる理由を徹底解剖!

  • 男性が女性に触られたときの心理とは?

    男性は女性から触られたら嬉しいのでしょうか?ここでは、女性から触られた時の男性の心理を詳しく解説していきましょう。

    場所によっては恥ずかしい


    「職場で先輩がお尻を触ります。別に触ってもいいけどお尻は恥ずかしいです。」(20代男性)、「ボディタッチは嬉しいけど、下半身はやめてほしい」(30代男性)など、男性にとっても、下半身へのボディタッチは嫌悪感があります。

    男性は触られることに女性ほど抵抗がなくても、触られる場所によっては恥ずかしいと感じる人が多いです。男性に対するセクハラが懸念される時代ですから触るときには注意しましょう。

    好きな人ならドキッとする


    「気になる女性がボディタッチしてくるとドキッとします」(20代男性)、「好きな女性に触られると、ドキドキして固まってしまう…」(20代女性)と、このように好きな女性からのボディタッチは、とてもドキッとする男性が多いです。

    もしかしたら自分に好意があるのだろうか?と男性は有頂天になってしまうことでしょう。これがきっかけで急に距離が縮まり告白してくることも考えられます。しかし、恋愛に奥手な男性なら逆に意識しすぎて好き避けしてしまう可能性もあるので注意深く観察するとよいでしょう。

    馴れ馴れしいと不快


    「ボディタッチは嬉しいけど変に馴れ馴れしいのは嫌だな」(30代男性)、「ベタベタ触ってくると好きな人でも不快に感じる」(20代男性)と、このように男性は、女性からのボディタッチが馴れ馴れしいと不快に感じることもあります。

    たとえば、人前でもベタベタと触るのは男性も周囲の目が気になりますし、同じ場所に好きな女性がいる場合はそんな状況を見られては困ります。そのため、触るのなら二人きりのときに触るなど相手に配慮をするとよいでしょう。

    特に何も思わない


    「好きな人以外に触られても特に何も感じない」(20代男性)、「女友達に触られても男としての反応はないね」(30代男性)のように、男性の中には、女性に触られても特に何も感じないという人もいます。

    それは、相手の女性に興味がないとか、昔からの友達だから気にならないという理由からです。このような場合、女性側が気持ちを直接伝えない限り恋愛関係に発展することはないでしょう。