好きな女性に「触りたい」男性心理とは?触れたくなる理由を徹底解剖!

  • 触れられる場所別の込められた意味!

    男性は、女性を触りたいときその関係性から触る場所を選んでいます。ここでは、触られる場所によって込められた意味を詳しく解説していきましょう。

    頭を触る心理=家族や友人など親密な関係


    女性の頭を触る心理には、家族や友人など親密な関係性を感じています。

    妹のように感じる心理はここに当てはまるでしょう。よく恋人が頭ポンポンするのは心配する気持ちが込められています。つまり、男性が女性を大切な人として認識していることがわかります。

    耳を触る心理=性欲を満たしたい男女の関係


    耳を触る心理には、今すぐ性欲を満たしたい気持ちが隠されています。

    つまり、今すぐエッチしたい気持ちをアピールしています。耳たぶは、その柔らかさから女性の胸を連想させ、男性は本当は胸を触りたいと感じています。そもそも耳を触れる関係は恋人同士ですから、彼女におねだりしている心理と受け取りましょう。

    唇を触る心理=独り占めできる恋人の関係


    唇を触るのは、独り占めして自分だけのものにしたい気持ちから恋人関係になりたい心理がうかがえます。

    唇=キスを連想させますから、その唇に今すぐキスしたい気持ちが盛り上がっています。恋人同士ならすぐにキスしてあげましょう。ただし、恋人関係にないのなら恋人になりたい、または、恋人のように愛し合いたいといった心理が働いているので、好きでもない男性なら注意しましょう。

    お尻を触る心理=下心いっぱい深い関係


    女性のお尻を触るのは、下心がいっぱいの心理がうかがえます。

    恋人以外の女性のお尻を触るのはとても勇気がいることです。今ではセクハラで訴えられることもあるので常識のある人なら触らないでしょう。しかし、お酒に酔っているときや二人きりになった時には例外もあるので注意が必要です。危険を感じたらすぐに離れましょう。