中学生女子のダサい服装あるある!ダサいブランド・コーデを解説!

  • 中学生女子がダサくなりがちなブランド

    近ごろの中学生女子は「このブランドが好き」と推しブランドを持っているほど、かなりませています。そんな、推しブランドが似合っていない中学生女子が街にはたくさん。ここからは「中学生女子がダサくなりがちなブランド」をご紹介します。

    リズリサ


    「リズリサ(LIZLISA)」は花柄やレースが多めのかなり甘めなブランドとして女子に大人気。ファッション誌でも、モデル達が可愛く着こなしているので、中学生女子が憧れる気持ちはよくわかります。

    ただ、いつものファッションとかけ離れてしまうことで、「ちょっとダサいかも…」という印象を与えてしまうようです。

    WEGO


    WEGOはカジュアルな流行アイテムが揃っており、お値段も中学生には嬉しいプチプラブランド。中学生にとっては定番のブランドではないでしょうか?

    ここで注意したいのが、WEGOでは古着も数多く扱っているという点。古着は上手な人が着こなせばとってもおしゃれに仕上がりますが、着方を間違えると「ただの着古した服」になってしまいがちな諸刃の剣アイテムなのです。

    WEGOの服はどれもリーズナブルなのでついつい手にとってしまいがちですが、自分の手持ちの服でコーディネートできるかをイメージしてから買うと失敗しません。

    アナスイ


    「アナスイ(Anna Sui)」は、蝶や花柄デザインや、鮮やかなパープルがベースカラーになっています。可愛いコスメやバッグは、中学生女子でもオシャレに持つことはできるでしょう。でも、あまり手を出したことがないデザインだと、何だか浮いてしまうかも。

    「背伸びしてる感じ」が伝わってしまうと、「うーん…」という気持ちにさせてしまうのでしょう。

    H&M


    「エイチアンドエム(H&M)」はカジュアルでお手頃価格なブランドですが、海外ブランドということもあってやや露出多めのデザインも少なくありません。背伸びをしたい中学生女子がいきなりセクシーすぎるコーデをしてしまうと、少しちぐはぐな印象に。

    プチプラアイテムを上手に活用するのはおしゃれ上級者の技!同じブランドでも、比較的ベーシックなアイテムを使うとうまく着こなせます。