中学生女子のダサい服装あるある!ダサいブランド・コーデを解説!

  • 中学生女子のダサい服装の特徴《違和感編》

    中学生女子の服装が「ダサい」と感じる原因はまだあります。「本人が気に入っているなら仕方ないのか…」と思わせる服装は違和感たっぷり。その原因を追求すべく、「中学生女子のダサい服装のよくある違和感」をご紹介します!

    手入れがされていない


    毛玉が目立つセーターや糸のほつれが目立つスカート。すり減っているバッグやつま先が傷んでいるサンダルなどなど…。ちょっとだらしない感じがするところが「ダサいな…」と思わせている理由です。

    主張の強い原色


    蛍光ピンクやイエロー、強めのブルーやパープルなど…。ダンス系ファッションを好む女子がやりがちなのが「主張の強い原色」を使った服装です。ただ、本人のキャラと合っていないのが1番の問題点…!

    やたらボーイッシュな色


    「個性的なファッション」を求めていたり「スカートが嫌い」と言う中学生女子は、ブラックやグレーなどのボーイッシュカラーを好む傾向に。似合えばいいのですが「暗すぎない?」「男すぎない?」と違和感強めなのも問題点。

    そういった女子は、自分のファッションに自信がないタイプが多めです。

    地味過ぎる


    「もう少し明るい色を着たら?」と言いたくなるのが、すごく地味な色ばかり着る中学生女子。「ダサい」と思わせる要素を振りまいてしまっています。このファッションは大人しいタイプの女子に多いです。

    季節に合わない素材の服装


    寒い日なのにミニスカやサンダルを履いてしまっていたり、暑い日なのにムートンブーツを合わせて来たり。季節感ゼロの服装も周りの人が気を遣ってしまい、結果的に「ダサい!」につながります。