中学生女子のダサい服装あるある!ダサいブランド・コーデを解説!

  • 中学生女子のダサい服装の特徴《コーデ編》

    中学生になると身長がグンとアップ!大人サイズとほぼ変わらない女子がたくさん増えていきます。サイズアップとともに服装も大人っぽく変化していく中…「そのコーデおかしくない?」と思わせる女子中学生も急増。

    ここからは「中学生女子のダサい服装の特徴」をご紹介していきます。まずは「ダサいコーデ」についてまとめました!

    統一感がない


    上はギンガムシャツで、下は水玉のスカート。ボーイッシュなキャップを被っているのに、足元は可愛らしいサンダルを履いている…など、統一感がない服装はまさにダサい代表です。

    「柄×柄」や「ボーイッシュ×ガーリー」など、テーマがなぜかバラバラなのは、手持ちアイテムの少なさに問題があるのでしょう。それが「ハイレベルファッションに挑戦している」つもりなら…?ただただ「ダサい女子」にしか見えません!

    雑誌の丸写し


    「中学生女子のダサい服装あるある」の中でも「それそれ!」と共感するのが「雑誌の丸写し」ですね。中学生女子の情報源といえば、ほぼほぼ10代向けファッション誌オンリー。お気に入りモデルが着ているコーデを、そっくりそのまま真似しちゃうのがダサいところ。

    ブランドを統一


    ファッションブランドに憧れる中学生女子は、うっかり全身を同じブランドで統一しがち。「着せられている感」が強めに見えてしまうことで「ダサいな…!」と思わせています。

    でも本人は、「ダサいと思われている」ことには全く気づかず、むしろ「私っておしゃれ」という余韻に浸ってしまっています。

    友達の真似


    中学生女子にとって友達は大事。だから、友達が着ている服装は「自分も着たい!」と思うのも当然です。ただ問題なのが、友達の服装が「そもそもダサい」ということに気づけないのが最大の欠点。ダサい服装の連鎖が、そこから起きていくのでしょう。