「来るもの拒まず去るもの追わず」意味や心理・恋愛での特徴を解説!

  • ママ友間で役立つ「来るもの拒まず去るもの追わず」

    「来るもの拒まず去るもの追わず」の考え方は、意外にもママ友付き合いの中でも役立ちます。どんな場面で役立つか、具体例をご紹介します!

    ママ友の「派閥」に巻き込まれない


    ママ友付き合いにおいて「来るもの拒まず去るもの追わず」の姿勢を取りこむと、付き合いが楽になることも。

    ママ友内には「ボスママ」的な存在がいて、その取り巻き何名かでグループが構成されています。「来るもの拒まず去るもの追わず」の姿勢だと、グループに取り込まれそうな気もしますが、心配無用です。

    あくまでも絡んできた当人と仲良くするだけであって、その周りのママと友達になろうと歩み寄る必要はないのです。グループとは距離をとった付き合いを心掛けましょう。

    ランチ会も断りやすくなる!


    ママ友の悩みでよく聞くのは、「ランチ会」です。日頃から「来るもの拒まず去るもの追わず」の姿勢を貫いていると断るのも楽になりますし、誘われにくくもなるので、いい牽制になります。

    ランチ会を断る際に「自分の趣味の時間を大切にしたいので」と言えるのも強味でしょう。

    グループLINEもノンストレスに!


    ママ友の悩みでよく聞くのは、「ランチ会」です。日頃から「来るもの拒まず去るもの追わず」の姿勢を貫いていると断るのも楽になりますし、誘われにくくもなるので、いい牽制になります。

    ランチ会を断る際に「自分の趣味の時間を大切にしたいので」と言えるのも強味でしょう。