「来るもの拒まず去るもの追わず」意味や心理・恋愛での特徴を解説!

「来るもの拒まず去るもの追わずな人」って、どんな印象を受けるでしょうか?冷たいと思われがちですが、実はそんなことはありません!この記事ではイメージを覆すような「来るもの拒まず去るもの追わず」な人の特徴や悩み、役立つ場面、さらには恋愛事情についてもご紹介します。

  • ことわざ「来るもの拒まず去るもの追わず」とは?

    「来るもの拒まず去るもの追わず」なんだか飄々として、かっこいいイメージがありますよね。このことわざには、一体どんな意味があるのでしょうか?

    まずはその意味や由来について、理解を深めていきましょう。

    「来るもの拒まず去るもの追わず」の意味


    まずはこの、ことわざの意味から解説していきましょう。

    「来るもの拒まず去るもの追わず」ということわざですが、正しくは、「来る者(きたるもの)は拒まず、去る者は追わず」と言います。これは、自分自身の中にあるこだわりは捨てて、他者の意思を尊重するという意味。

    去りたい人は自分の元から去って良いし、自分の元へ来たいという人がいるなら、すべて受け入れるぞ、ということですね。

    「来るもの拒まず去るもの追わず」の由来


    この「来るもの拒まず去るもの追わず」ということわざの由来は、中国の戦国時代に生きた思想家・孟子の言葉にあります。出典は『尽心下』の第三十章です。

    「来るもの拒まず去るもの追わず」の思想は、孟子が弟子を受け入れる際に、重要視していたことだと言います。

    孟子「尽心下」の内容は?


    「尽心下」の中では、どのように語られていたのでしょうか。

    ある日、孟子は弟子たちを連れてある旅館に泊まりますが、その旅館で、草履の盗難事件が起こりました。すると旅館の店主は、孟子に対して「お弟子さんが怪しいと思うのですが」と切り出します。

    孟子は、「そんなことをするためにここを訪れたと思いますか?」と聞きます。その問いに対し、店主は「先生(孟子)は来るもの拒まず去るもの追わずで弟子を選んでるそうですし…」と言い、口ごもったそうです。

    店主は、「孟子がそのようなスタンスだから変な者も混じっているのでは」と言いたげに、言葉を止めています。当初より、良くも悪くも取られた言葉なのです。