「アラサー処女」割合は?男性の意外な本音・リアルな結婚事情も!

アラサーなのに処女のままでいる女性を「やらみそ」と呼びます。アラサー処女の割合は一体どのくらいなのか、気になりますよね。この記事ではやらみその割合ややらみその恋愛失敗談、男性の本音、アラサーでも処女を捨てるための方法などをご紹介します。

  • アラサー処女「やらみそ」…やばい?

    男性とベッドを共にしたことがないまま、気がつけば三十路に。“やらみそ”とは、「やらずに三十路」を略した言葉で、アラサーになっても処女のままの人のことを指します。

    早い人で10代、遅くとも20代半ばにもなれば大多数の女性は男性経験がありますが、アラサーになっても処女のままのやらみそ女子は確実に存在します。

    アラサーの処女率


    厚生労働省が2015年に行った出生動向基本調査では、未婚者の性経験の有無も調査項目に入っています。それを見ると、30~34歳で性経験のない女性の割合は31.3%で、3人に1人はやらみそであることが分かっています。

    ただしこれは、あくまで未婚者を対象とした調査結果です。総務省が行った国勢調査によると、30~34歳の未婚率は、2015年の時点で34.6%です。結婚している人で処女ということはまずないと思うので、65.4%がすでに結婚しているということを前提に考えてみると、実際はもっとアラサー処女の割合は少ないということになります。

    アラサー処女は思ったよりも少ない?


    上記のデータからも分かる通り、アラサー処女は確かに存在しています。ですが、割合としてはかなり少なく、予想よりもはるかに少ないという印象です。

    アラサーで未婚でも、男性経験があるならまだいいでしょう。しかしアラサーになるまでに男性と交際した経験もなく、そもそもエッチをするチャンスが全くなかったとなると、少々やばいかもしれません。