「アラサー処女」割合は?男性の意外な本音・リアルな結婚事情も!

アラサーなのに処女のままでいる女性を「やらみそ」と呼びます。アラサー処女の割合は一体どのくらいなのか、気になりますよね。この記事ではやらみその割合ややらみその恋愛失敗談、男性の本音、アラサーでも処女を捨てるための方法などをご紹介します。

  • アラサー処女「やらみそ」…やばい?

    男性とベッドを共にしたことがないまま、気がつけば三十路に。“やらみそ”とは、「やらずに三十路」を略した言葉で、アラサーになっても処女のままの人のことを指します。

    早い人で10代、遅くとも20代半ばにもなれば大多数の女性は男性経験がありますが、アラサーになっても処女のままのやらみそ女子は確実に存在します。

    アラサーの処女率


    厚生労働省が2015年に行った出生動向基本調査では、未婚者の性経験の有無も調査項目に入っています。それを見ると、30~34歳で性経験のない女性の割合は31.3%で、3人に1人はやらみそであることが分かっています。

    ただしこれは、あくまで未婚者を対象とした調査結果です。総務省が行った国勢調査によると、30~34歳の未婚率は、2015年の時点で34.6%です。結婚している人で処女ということはまずないと思うので、65.4%がすでに結婚しているということを前提に考えてみると、実際はもっとアラサー処女の割合は少ないということになります。

    アラサー処女は思ったよりも少ない?


    上記のデータからも分かる通り、アラサー処女は確かに存在しています。ですが、割合としてはかなり少なく、予想よりもはるかに少ないという印象です。

    アラサーで未婚でも、男性経験があるならまだいいでしょう。しかしアラサーになるまでに男性と交際した経験もなく、そもそもエッチをするチャンスが全くなかったとなると、少々やばいかもしれません。
  • アラサー処女の心の叫び!

    20代の頃は何も考えていなかったけれど、気がつけばアラサーで、しかも処女。やらみそ女子になってしまった女性たちの本音を聞いてみましょう。

    恥ずかしくて誰にも言えない…


    「自分がやらみそになるとは全く思っていませんでした。恥ずかしすぎて周りには絶対に言えません」(32歳/女性/会社員)

    「とうとう30歳になりましたが、いまだに処女で恥ずかしいです。同世代の子と恋バナもできません。結婚してる子もいるので、自分ばっかり未経験なんて恥ずかしすぎます」(30歳/女性/医療系)

    アラサーにもなれば、まわりは経験豊富な女性ばかり。結婚している女性も多いので、自分がやらみそ女子だなんて絶対に言えませんね。

    怖くて踏み出せない


    「今まで何人かとお付き合いしましたが、男の人に色々されることを思うと、怖くてその先に進めませんでした。今でもまだ怖さがあるので、処女を卒業できる気がしません」(36歳/女性/公務員)

    「やらみそ、やらみそと馬鹿にされるけど、セックス自体に恐怖を感じるので、男性に誘われても避けてしまいます」(32歳/女性/会社員)

    セックスそのものに恐怖を感じてしまうなら、無理してする必要はありません。でも、周囲からはやらみそ女子と認識され、馬鹿にされてしまう可能性はあります。

    そもそも彼氏がいたことがない


    「彼氏いない歴=年齢です。とにかく彼氏が欲しい!」(35歳/女性/会社員)

    「今まで誰とも付き合ったことがないので、当然ながら処女。彼氏が欲しいとは思わないけど、このままだと永遠に処女でいるしかない」(32歳/女性/自営業)

    そもそも彼氏がいない、できない。それだとエッチをする機会がほぼないので、アラサーで処女になってしまうのは当然の流れです。

    一生処女なんじゃないかと不安になる


    「30代にもなって全くモテずに処女のままだから、結婚もせず、一生処女なんじゃないかと不安になってしまう」(31歳/女性/会社員)

    「普通なら若いうちに男性経験があるはずなのに、アラサーになっても処女卒業の見込みがないので、アラフォーになってもずっと処女のままのような気がする」(34歳/女性/会社員)

    30年間も生きてきたのに、その間に一度もエッチのチャンスが巡って来ないと、自信を喪失してしまう女性が多いようです。