「恋と愛の違い」その定義とは?男女の意見や名言・診断リストも!

恋と愛の違いとはなんでしょうか?一見同じように見える恋と愛ですが、いろいろな違いがあります。今回の記事では恋と愛の違いのほか、男女別の恋と愛の違いの感じ方や、恋と愛の違いに関する名言集、恋か愛かの診断リスト、恋を愛に育てるにはといった情報をお伝えしていきます。

  • 恋と愛って結局何が違うの?

    恋と愛は相手に対して好意を抱くという点では共通しています。しかし恋と愛の間には、大きく違いがある点も。ここでは恋と愛の定義の違いについてみていきましょう。

    恋と愛の定義の違い


    恋と愛は似ているようでちがいます。恋とは長く続くものではなく、一時的に燃え上がり情熱的に相手を求めます。一方で愛は静かにお互いを想い合い、その関係は激しいものではありません。また恋がすぐに燃え上がって冷めるのに対し、愛はずっと静かに燃え続けます。

    恋がキャンプファイヤーのような激しい炎だとしたら、愛は炭火のように長く細く燃え続ける火のようなものです。

    愛は双方向だが恋は一方通行という違い


    恋もときにはお互い思い合うことがありますが、愛はお互い想い合うもの。恋ほど激しい感情はありませんが、思い合う人がお互いに愛情をかわし合います。

    一方恋はとても激しい情熱を相手に対して抱きます。それはお互い交換し合うこともあれば、一方的に相手に向かうことも。愛が静かに暖かい気持ちを相手に贈り合うのに対し、恋は激しい想いをお互いにぶつけ合うという違いがあります。

    愛は恋人以外にも感じるが、恋は恋人だけという違い


    愛と恋との大きな違いに、愛は親や兄弟、友達との間にも成り立つのに対し、恋は恋人に対してしか成り立たないという違いが。一方恋は恋心を抱いた相手にだけ向けられます。恋は恋人だけに贈られる期間限定の情熱で、それが恋と愛の違いのひとつです。