「結婚は人生の墓場」なのか?意味・由来から男女の本音までまとめ!

「結婚は人生の墓場」という名言は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。果たして、実際のところどうなのか?既婚男女の意見を探ってみました。人生の墓場と思う理由やそう思った出来事、また、本当に人生の墓場なのかどうか本音も覗いてみましょう。

  • 「結婚は人生の墓場」と思っている人は多い?

    いつかは結婚して幸せな夫婦生活を送りたい、と願う人は多いでしょう。ところが、中には一生独身でいいと思っていたり、結婚を後悔していたりと結婚に対してネガティブな考えを持っている人もいます。そして、年々そのような人が増えているとも言われています。

    「結婚は人生の墓場」という言葉は、結婚生活やパートナーへの不満や結婚自体へのマイナスイメージを端的に表しています。一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

    本当に結婚は人生の墓場なのか、既婚男女の本音を探っていきましょう。

    「結婚は人生の墓場」の意味


    結婚は「人生を終わらせ墓場に入るも同然の行為」ということから、「人生の墓場」と例えられるようになりました。

    それは、結婚することによって配偶者以外の異性と関係を持てなくなること・お金や時間を自由に使えなくなることが「人生の終わり」と考えられるからです。

    男性が使う言葉だったが女性も使うように


    元々は、男性側の主張を表した言葉として使われていましたが、女性でもこの言葉を使う人はいます。結婚することで失うものが多い・また苦痛を強いられると考える人が、男女問わず「結婚は人生の墓場」という表現をするのでしょう。
  • 男性が「結婚は人生の墓場」と感じる瞬間

    実際、結婚してから「結婚は人生の墓場」と感じる瞬間があったという人もいます。それは、どのような瞬間なのか気になるところですね。そこで、男女別にどんな時にそう感じるのかまとめてみました。まずは、男性編から見ていきましょう。

    自由な時間もお金もなくなった


    「独身時代は全部自分の好きなように使えた時間とお金。今では全部妻の管理のもとで、自由がありません。(28歳/男性/営業職)」

    「ちょっと遅くなるとすぐ連絡が来て、何を買うにも報告しなきゃいけない。(31歳/男性/教員)」

    結婚すると、このように時間とお金の使い方が変わります。独身時代のように自由に使っていたら、家族の生活が成り立たなくなるので当然のことではありますが、それを苦痛に感じる男性も少なくはないようです。

    結婚生活が窮屈


    「ずっと一人暮らしだったので、人と一緒に生活することが意外とストレスで。好きで結婚したんですけど、やっぱり一人が楽だったな…と思ってしまうことも。(32歳/男性/公務員)」

    「妻の束縛や干渉がきつい。いちいちあれこれ言われるのが正直しんどい。(29歳/男性/SE)」

    結婚は、自分以外の他人と一緒に暮らす「生活」です。もともと一人でいることに慣れていた人が、他人・それも異性と同居するのですから、少なからず窮屈に感じるのは無理もないかもしれません。

    容姿に惹かれて結婚したら…


    「すっごい美人でひとめぼれの勢いのまま結婚。一緒に暮らしてみたらガサツだし料理できないし。まさに、こんなはずでは…って感じです。(35歳/男性/専門職)」

    「顔がタイプの女性で、よく知らないまま結婚してしまいました。実は金遣いが荒くて、片付けられない女ということが後から判明。(29歳/男性/介護職)」

    このように相手のことをよく知らないまま、勢いで結婚してしまうと失敗する可能性が非常に高いです。見た目だけで人生のパートナーに選んでしまうのは危険ということは肝に銘じておきたいですね。

    結婚したとたん妻が激変


    「優しくて思いやりのある彼女だったのに、結婚したらキツイ性格になってしまいました。(28歳/男性/会社員)」

    「結婚するまではいつもキレイで可愛かったのに、今ではすっぴんにスウェット姿しか見てない気が。まゆ毛くらい描いてくれ…。(30歳/男性/自営業)」

    結婚を機にぐっと距離が縮まる分、このように今まで出さなかった妻の違った一面が見えることや家の中でラフな姿になることがあります。その度合いが過ぎると男性にとっては激変したと感じるのでしょう。