「結婚は人生の墓場」なのか?意味・由来から男女の本音までまとめ!

「結婚は人生の墓場」という名言は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。果たして、実際のところどうなのか?既婚男女の意見を探ってみました。人生の墓場と思う理由やそう思った出来事、また、本当に人生の墓場なのかどうか本音も覗いてみましょう。

  • 「結婚は人生の墓場」と思っている人は多い?

    いつかは結婚して幸せな夫婦生活を送りたい、と願う人は多いでしょう。ところが、中には一生独身でいいと思っていたり、結婚を後悔していたりと結婚に対してネガティブな考えを持っている人もいます。そして、年々そのような人が増えているとも言われています。

    「結婚は人生の墓場」という言葉は、結婚生活やパートナーへの不満や結婚自体へのマイナスイメージを端的に表しています。一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

    本当に結婚は人生の墓場なのか、既婚男女の本音を探っていきましょう。

    「結婚は人生の墓場」の意味


    結婚は「人生を終わらせ墓場に入るも同然の行為」ということから、「人生の墓場」と例えられるようになりました。

    それは、結婚することによって配偶者以外の異性と関係を持てなくなること・お金や時間を自由に使えなくなることが「人生の終わり」と考えられるからです。

    男性が使う言葉だったが女性も使うように


    元々は、男性側の主張を表した言葉として使われていましたが、女性でもこの言葉を使う人はいます。結婚することで失うものが多い・また苦痛を強いられると考える人が、男女問わず「結婚は人生の墓場」という表現をするのでしょう。