婚活地獄が辛すぎる!30代「売れ残り」女性の厳しい現実・本音とは?

  • 婚活地獄にハマりやすい女性の特徴

    30代独身女性は婚活市場で不利!とはいえ、幸せな結婚をしている女性もたくさんいます。なので、婚活を諦めることはありません。ただ、婚活地獄にハマる女性には、どうしても直すべき特徴があるのは見逃せない事実です。

    むしろ「そこさえ直せば結婚できるのに…!」と周りから思われている部分。これ以上婚活地獄を味わいたくなければ、次の「婚活地獄にハマりやすい女性の特徴」を読み、思い当たる点がないかチェックしてみましょう。

    高望みしすぎている


    まず、「希望の条件が高すぎる」のが婚活地獄から抜け出せない理由です。希望年収をあと100万下げるだけで、マッチングする男性がグッと増えるはず。年収フィルターを一度取り外して、素の男性を見る目を持ってください。

    年収が希望より少なければ、自分がカバーできないか?と器を広げて考えるべき。そこは、20代女性よりも優れた適応能力の高さの見せ所です!年収よりも、その男性との結婚後がシミュレートできるかが重要。その条件を下げられないままでは、婚活地獄から抜け出せません。

    ムダな時間ばかり費やしている


    「数をこなせばいいはず…」と思い込む女性も、婚活地獄の沼にハマりがち。婚活パーティ、合コン、婚活サイト…あれこれ手を尽くしても、成功しなければ時間のムダに。そこで冷静になれるかどうか…?そこが運命の分かれ道なんです。

    婚活地獄から抜け出せる女性と、なかなか抜け出せない自分は何が違うのか?を、一度冷静に考えてみてください。「結婚」という2文字よりも、「恋愛をしよう」と気持ちを切り替えてみては。自分が本当に好きなタイプを思い出せるはずです。

    婚活期限を決めない女性


    30歳を機に、婚活を始めた女性がいたとします。この女性が「結婚」をゴールにした場合も、婚活地獄にハマりやすいです。「結婚するまで諦めない」といった粘り強さも必要ですが、「1年だけ」や「35歳まで」と婚活期限は決めるべきでしょう。

    「結婚するまでは…」と、意地やプライドで続けてしまうと精神的ダメージが膨らんでしまいます。精神的に参ってしまう女性も多いので、婚活を始めて「疲れた…」と感じたら休憩も挟むのも、上手く続けるポイントでしょう。

    「5回パーティに行ってダメならやめる」など、自分のペースで婚活をしてみましょう。

    婚活パーティーで消極的


    とても多いのが、婚活パーティに行っても誰とも話さずに帰ってしまう女性です。「どうしよう…」と迷っているうちに別の女性に持って行かれ、反省の帰路につく…。自分に自信がない女性に多いですが、婚活地獄から抜け出すには一歩出るしかありません。

    初対面で話すのが苦手なら、婚活パーティよりも、チャットから始められる「婚活サイト」に切り替えるなど、婚活の手段を変えてみるのがおすすめです。