婚活地獄が辛すぎる!30代「売れ残り」女性の厳しい現実・本音とは?

  • これが婚活地獄!婚活の「辛い現実」《精神編》

    軽い気持ちで始めた婚活が、いつしか地獄になるのはなぜなのか…婚活地獄から抜け出せない30代独身女性は、予想だにしなかった辛い現実を味わっています。「いつかいい人が現れるはず」と信じてトライを重ねるうちに、精神的ダメージは大きく膨らんでいくようです。

    積極的に婚活を行う女性こそが陥ってしまう婚活地獄。女性たちが「地獄」と感じた婚活エピソードを元に、「婚活の辛い現実の精神的ダメージ」についてご紹介します。

    地獄のような精神ダメージをくらう


    「婚活パーティで『婚活歴何年ですか?』とか『ずっと独身なんですか?』とか聞かれたり、年齢言っただけで立ち去られたり…。これじゃ、自ら傷つきに行ってるようなものですよね」(35歳/女性/事務員)

    30代女性は、年齢的に「もしかするとバツイチかも?」と思われるケースも。パーティ会場には、えげつない質問を投げつける婚活男性も確かにいます。そんな質問をされるたびに、パーティ会場は地獄と化してしまうでしょう。とても辛い現実ですよね…。

    周りの結婚にますます焦る


    「20代後半から周りが結婚ラッシュになって、出産報告とか聞くと胸が痛くて…。気持ちが焦ってしまうから、とにかく早く結婚したいです」(32歳/女性/メーカー勤務)

    出会いもない30代独身女性にとって、結婚ラッシュは厳しい現実。出産報告のたびに焦る気持ちが膨らんで、でも、婚活は上手くいかなくて…空回りし始めると危険です。思い悩みすぎて、メンタルを病んでしまう婚活女性もいます。

    「エセ婚活男」に弄ばれる


    「婚活パーティで出会った人と3回目のデートでエッチ。そこで『実は既婚者で…』って打ち明けられて半狂乱になりました!正直、もう誰も信じられないです…」(36歳/女性/美容系)

    気をつけたいのが「エセ婚活男」と呼ばれる、遊び目的の男です。ただでさえ出会いが成立しないのにヤリ目や既婚者に引っかかったら…身も心もボロボロになって、本当に地獄を味わってしまいます。

    身体の関係を持つ前に、相手のことをよく知るべきですね…。

    女性としての価値を見失う…


    「婚活をすればきっと出会えるって思っていたのに…。パーティーで選ばれない、マッチングする人がいない、いいなと思えば遊びだったり。女としての価値がないとしか思えなくなりました…」(35歳/女性/出版社勤務)

    何度もトライしたのに失敗続き…。これでは成功体験もなく、こんな風に女性としての価値も見失ってしまう人もいます。婚活をしない方が良かったのでは?とさえ、思ってしまうはずです。