婚活地獄が辛すぎる!30代「売れ残り」女性の厳しい現実・本音とは?

  • これが婚活地獄!婚活の「辛い現実」《現場編》

    いつもどこかで開催されている「婚活パーティー」。その会場こそが、婚活地獄の現場です。「きっと出会える」と信じ続けてすでに30代になった女性たちは、なぜ、なかなか結婚に至らないのでしょうか?

    そこには、30代独身女性ならではの悩みが、大きくクローズアップされています。そんな30代婚活女性たちのエピソードを元に、「婚活の辛い現実の現場」についてご紹介します。

    婚活市場に男がいない


    「まず男がいません。30歳過ぎてから激減したので『検索フィルターで弾かれてる感』が強まりました。婚活パーティーに来るわずかな男性は、色んなものを妥協しなきゃいけない感じです」(32歳/女性/書店勤務)

    婚活ブームの最盛期を過ぎた今、婚活男性は全体的に減っています。堂々と婚活することに抵抗を持つようになり「隠れ婚活」をする男性が生き残っているんだとか。しかも、真剣に婚活している男性は「見た目がムリめ」なタイプばかりで…まさに「地獄」を感じるようですね。

    いいな…と思った人はすぐ取られる


    「『この人いいかも』と思ったときにはもう遅いって感じです。30代で見た目も年収もまあまあで優しそう…なら瞬殺ですよ。『えー、どうしよう?』とか迷わせてもらえない」(36歳/女性/輸入食品業)

    婚活パーティー会場において「この人はどう?」とか「自分に合う?」などと考える時間はありません。そこそこの条件をクリアした男性を、全力で奪い合う婚活女性たち。もはやバーゲンセール会場と化しているようです。

    誰にも選ばれない


    「婚活パーティもそうなんですけど、合コンに行っても売れ残り。婚活サイトでも選ばれない…。何でもっと早く婚活しなかったんだろうって、本当に後悔しています…」(34歳/女性/カフェ店員)

    30代独身女性が婚活地獄に陥ってしまうのは、男性から選ばれない対象になってしまう…という思い込みがあるからです。30歳を超えると、この先もっと厳しい現実が待ち構えているかもしれない…と不安になってしまう女性は少なくありません。

    金ばかりが出ていく…


    「結婚相談所の入会金に婚活サイトの会費、婚活パーティの衣装にヘアメイク代…男性より費用は安いとはいえ、女性だって色々かかる。結婚相談所の月1万円の会費が今1番イタイです…」(33歳/女性/看護師)

    婚活パーティに「女性無料」と書いてあっても、結局お金がかかるのが辛い現実。婚活地獄から抜け出すためには美しい見た目が必要。そのためにお金を注ぎ込む苦しさ…借金を背負う女性も増殖中。