【騎乗位のコツ】女性向け騎乗位での動き方・やり方、男性が喜ぶセリフ

  • 騎乗位に移行する上手いやり方は?騎乗位をお願いするときのセリフ

    男性から「上になって」とお願いされれば騎乗位をすることができますが、セックスは男性主導で進むことが多いため、女性側の意思で騎乗位に移行する方法がわからないという方もいるかもしれません。そこでここでは、騎乗位をお願いするときに適したセリフを紹介していきたいと思います。

    騎乗位をお願いするときの上手いセリフ(1)/「次は私が上になってもいい?」



    シンプルに自分の意思を伝える「次は私が上になってもいい?」というセリフ。ストレートなお願いのため、男性も受け入れやすいかもしれません。恥じらいながら言うと男性に「かわいいな」と思わせることができ、小悪魔的に微笑みながら言うと、M気質の男性を興奮させられるのではないでしょうか。

    騎乗位をお願いするときの上手いセリフ(2)/「今度は私が気持ちよくしてあげるね」



    正常位やバックなどで気持ちよくしてもらった後に、そのお礼というようなニュアンスで「今度は私が気持ちよくしてあげるね」と伝えると、互いへの思いやりが感じられて男性も嬉しくなるかもしれません。また、「今度は私が…」という言い回しは、自分はもう気持ちよくなっている前提で語り掛けているため、男性に「(正常位などで)彼女もちゃんと気持ちよくなれていたんだな」と安心感を与えられるのではないでしょうか。

    騎乗位をお願いするときの上手いセリフ(3)/「激しく動いたから疲れたんじゃない?」



    正常位やバックでの激しいピストン運動で、相手の男性がちょっと息切れしているようなら、「激しく動いたから疲れたんじゃない?」といたわりの気持ちを込めて伝え、上に乗ってあげるのもいいのではないでしょうか。男性からすると、女性が動いてくれる騎乗位は小休止的な体位のため、気遣いとやさしさに胸を打たれるかもしれません。

    騎乗位をお願いするときの上手いセリフ(4)/「もうこんなに大きくてビンビンだよ」



    この「もうこんなに大きくてビンビンだよ」は、正常位やバックからの体位変更の際ではなく、前戯後の最初の体位として騎乗位をしたいときに、使い勝手のいいセリフではないでしょうか。例えば男性を仰向けに寝かせた状態でフェラチオをしてあげて、ペニスが十分な大きさと硬さになったら、「もうこんなに大きくてビンビンだよ」と言った後にまたがって挿入してあげれば、自然な流れで騎乗位ができるかもしれません。

    騎乗位をお願いするときの上手いセリフ(5)/「私、騎乗位だといっぱいイケちゃうの」



    一見すると少々ビッチっぽい「私、騎乗位だといっぱいイケちゃうの」というセリフですが、実は男性側からすると一安心できる要素もあるようです。セックスにあまり自信のない男性は、「僕がヘタでイカせてあげられなかったら申し訳ない」という気持ちでいる場合もあるため、このセリフで騎乗位を始めてあげれば、その不安を解消してあげられるかもしれません。