男女別【恋愛に冷める瞬間】急に冷める心理や理由・対処法を解説!

  • これはない!一瞬で恋愛に冷めた体験談

    では男女ともに恋愛に冷めてしまう時はどんな瞬間なのでしょうか。体験談とともに見ていきましょう。

    他人の悪口ばかりでウンザリ!


    「デートで行ったレストランで「見て、あそこのカップルすごいダサいファッションだよ。あっちのカップルは美女と野獣。」などとずっと言われ、全然楽しくなくて冷めた。」(26歳/女性/アパレル)

    ほとんどの人が恋愛中は、相手のことをある程度寛大に受け入れるつもりで恋人同士になりますが、それでもいつも他人の悪口ばかりを言っているパートナーだと、こちらの気持ちも下がりますし、人の悪口ばかり言っている人を素敵だとは思えませんよね。

    自分がされて辛かったことや、言われて悲しかったなどの経験の共有ならばもちろんしたいのですが、相手のネガティブな所ばかりにフォーカスするパートナーだと、恋愛を続けるのは難しいでしょう。

    借金がたくさんあった


    「相手からアプローチされて、外見も好きだし、デートも楽しかったから付き合ってみたら、借金が130万年もあった。整形するために借金するとかありえない。ドン引き。本気で冷めた。」(25歳/男性/消防士)

    恋愛が始まってから、徐々に「あれ?」と思うことが増えていき、聞いてみたら借金があった、なんて話も珍しい話ではないようです。

    お金が有る無しに関わらず、相手の中身が好きなのだとキレイごとを言う人もいるかもしれませんが、真剣に恋愛したい人にとっては借金は大問題です。相手に冷められてしまうかもしれなくても、先に借金ある場合は伝えておくのがマナーでしょう。

    家族を大切にしない


    「初めて彼女の実家に遊びに行った時、ご両親に対する彼女の言葉使いが悪くてめちゃめちゃ冷めた。自分と話す時は普通に良い子なのに、家族を大切にしない子なんだなって思ってしまった。この子とは長く付き合えないなと思って冷めた。」(26歳/男性/警察官)

    自分の家族を大切にしない人は、相手から見ると「絶対に結婚したくない相手」「自分と家族になるのは不可能な相手」として真剣な恋愛対象から外されてしまい、次の恋愛が見つかるまでのつなぎのポジションになってしまうかもしれません。

    恋愛体質すぎる


    「最初はサバサバした感じで連絡も2日に1回程度だったから、自分的にはちょうど良いなと思って付き合ってみたら、付き合った途端1日に何度もLINEがきて、実は超恋愛体質の人で冷めた。私と付き合うために無理して連絡を控えてたみたい。」(23歳/女性/飲食店勤務)

    連絡する頻度がものすごく多かったり、毎週末時間があるときはデートに行かなければならなかったり、相手が恋愛至上主義だと、自分の気持ちのバランスが保てず、一瞬で冷めてしまうこともしばしば。

    自分の時間を大切にしたい人も多いですし、友達との時間も必要な人にとっては恋愛体質すぎる相手だと冷められてしまうでしょう。