男女別【恋愛に冷める瞬間】急に冷める心理や理由・対処法を解説!

この記事では男女別に恋人がどんな時に冷めてしまうのか、恋愛に冷めてきたサインや心理や理由、恋人が冷めてしまった時の対処法などをご紹介しています。恋人との関係が最近イマイチ盛り上がりに欠けている人は、是非参考にしてくださいね!

  • 男性が恋愛に冷める瞬間

    好きな人と恋愛関係になったら、何気ない毎日が色鮮やかになって、ワクワクドキドキ楽しい時間になります。しかし、相手の何気ない一言や仕草で冷めてしまうことってよくありますよね。

    男性の場合は特に女性に対して「女性にはこうであってほしい」という願望が強いため、「なんだか思っていたのと違う」と冷めることがあります。ではどんな瞬間に男性は恋愛に冷めてしまうのでしょうか。

    女性としての魅力を感じなくなった


    「付き合ったらどんどん太り出して、全然魅力的じゃなくなったから冷めた。」(26歳/飲食店勤務/男性)

    男性の多くが恋愛に冷める理由としてあげるのが、この「女性としての魅力」についてです。女性は男性と付き合いが始まる前の方が、服装や体型、仕草や表情など、男性と恋人になりたいがために一生懸命になります。

    しかしいざ恋人同士になると、だんだんと気が抜けていき、出会った頃とは別人レベルになってしまう女性もいます。そうなると男性としては、「あれ?なんかどんどん違う人になってない?」と感じてしまい、ふとした瞬間に「もう女性として見れないな」と思ってしまうのです。

    服装がだらしなくなった


    「お洒落な彼女に惹かれたのに、思ってたよりずっとだらしない格好が好きみたいで気持ちが萎えた。」(21歳/アパレル/男性)

    恋愛が始まったとたんに服装に力を入れなくなる、という女性は意外に少なくありません。男性は女性に理想を描きたいので、自分が思っていた雰囲気の服装と違うファッションを恋人が取り入れると、引いてしまうことも多いでしょう。

    もちろんデートの度に新しい服を着て来てほしい!なんて男性も思っていません。ですが、出会った頃は「ワンピースに可愛らしいパンプス」だったのに、付き合ったら「ボロボロのジーパンにトリッキーなシャツ」などの服装をしてこられると、男性の心理としては「騙された」と思ってしまうでしょう。

    オープンすぎる


    「自分の家でデートしてたら普通にオナラされて、超冷めた。」(25歳/消防士/男性)

    恋愛が進んでいき、恋人関係が深くなればなって行くほど、女性も相手に自分を知ってほしいとオープンになっていきます。しかし中にはオープンになりすぎてしまう女性がいるようです。

    デートの度に女性からホテルへガンガン誘ったり、お風呂上がりに何も着ないで自分の前を歩かれたり、おならやゲップなども気にしないで男性の前でする様になってしまうと、男性は冷めてしまうでしょう。

    女性が自分に対してオープンでいてくれることは男性も嬉しいのですが、恋愛関係である以上、男性は女性に対して「恥じらい」を絶対に忘れて欲しくはないのです。

    付き合ったら態度が変わった


    「優しい子だなと思って付き合ったら、家事を全部僕に任せ、何もしない人になった。」(27歳/介護士/男性)

    女性の中には男性と付き合うまでに猫をかぶって、相手が望む女性になりきる人がいます。こういった女性は、男性のハートを射止めてから本当の自分を出していく傾向にあります。

    こういうタイプの女性には男性も引っかかりやすく、「あぁなんていい子なんだ」と思って恋愛関係に発展させてしまいがちです。しかし女性がずっと猫をかぶってる訳にもいかないので、女性の本性が見えた時には即座に冷められてしまいます。