笑い方で心理が丸わかり?笑い方の種類別性格&可愛い笑顔の練習法!

  • ちょっと変…?好感度イマイチな笑い方

    いろいろな笑い方を見てきましたが、ここからは「ちょっと変」な笑い方をご紹介していきます。

    あなたの周りにも、こんな「ちょっと変」な笑い方をする人はいませんか?

    引き笑い


    「引き笑いは、正直あまり気分のいいものではないかも。許されるのは『さんまさん』くらい」(26歳/女性/銀行員)

    「ヒーーーッヒッヒッ」と息を吸いながら笑う引き笑いは、その強烈な音とインパクトで周りがドン引きしてしまいがちです。

    単なる癖で引き笑いをしてしまう人もいると思いますが、周囲からの目を気にしたり、緊張してしまいがちな人に見られる笑い方でもあるようです。

    聞いたことのない笑い声


    「気になる子が聞いたことのない音を発して笑っていて、ちょっと戸惑ってしまった…」(23歳/男性/営業職)

    世の中にはいろいろな笑い方があり、「ドゥフフフフ」や「ウピピピピピ」など、もはや何かの暗号かと思ってしまいそうな笑い声もあります。

    こういった笑い声の大半は意図的ではなく、笑い声や笑うこと自体を我慢しているときに起こることが多いようです。でももしかしたら、本当に暗号なのかもしれません…。

    目が笑ってない…


    「『アハハ』とか『うふふ、面白ーい』とか言っておきながら、目が笑ってない女性ってなんなの?」(32歳/男性/営業職)

    声では笑い声を発しているのに、目が笑っていない笑い方は、本心では面白くもなんともないと思っている人によく見られる笑い方です。「話に付き合ってやっている」という心理があるのかもしれません。やはり声だけではなく笑顔が見られないと、人は不安になるものです。

    白目をむいて笑顔で笑っている


    「普段は大笑いしない彼女を全力で笑わせたら、白目をむいて笑っていた。ヨダレと鼻水も出ていて、最終的には咳きこんでいて、さすがにドン引きしました(笑)」(36歳/男性/出版業)

    白目をむくのは、たいていの場合、自分で制御できないほど調子が悪いときや病気にかかっているとき、または悪魔払いが必要なときだけです。

    彼女が白目を剥いたら驚いてしまうでしょうが、この場合は、彼氏のいったジョークが彼女のツボに入り、自分で制御できないほど笑ってしまったようなので、むしろ笑いのツボ的には相性がいいといえるでしょう。ただし、笑い方については話し合っておいても良さそうです。
  • 男性から好印象な「可愛い笑い方」

    ここからは、男性から好印象な「可愛い笑い方」をご紹介します。パーフェクトスマイルを習得して、気になる男性のハートをゲットしてしまいましょう!

    笑うと目がなくなる


    「笑いすぎてどんどん目が線になる笑い方がかわいい。子供っぽく見える笑い方だけど好きです」(26歳/男性/不動産)

    笑うと目がなくなる笑い方には、嘘偽りのなさそうな無邪気さが漂います。そういった笑顔を好きになる男性は少なくないでしょう。

    少し恥ずかしそうな、はにかんだ笑顔


    「頬を赤らめて、はにかんだ笑顔がドストライク!」(23歳/男性/会社員)

    赤く染まった可愛らしい頬に、はにかんだ笑顔は最強の組み合わせです。この笑顔に心を持っていかれる男性は、少なくないのではないでしょうか?

    恥ずかしそうにするだけで笑顔が出ない場合もありますが、そこに思い切って笑顔を足してみると、男性の心を揺さぶる最強の笑い方になること請け合いです。

    目がキラキラした笑顔


    「目をキラキラさせて笑顔で笑っている彼女が、最高に可愛かった」(20歳/男性/大学生)

    素敵な笑顔になるには、口元だけではなく、顔全体で笑顔を表現する必要があります。目も笑顔を構成する大事な要素の一つです。好きな人や気になる男性に話しかける時は、目の笑顔も大事にすると良いでしょう。

    目をこすりながら笑顔で笑う


    「最後は笑いすぎてしまい、笑顔で目を拭いながら、それでも笑い続けている姿が愛おしかった」(32歳/男性/会社員)

    少し想像しただけでも、素敵な笑顔のシチュエーションです。笑顔で涙を拭いながら男性の話を聞く女性は、とても愛おしく映るはずです。自分の話で泣くほど笑ってくれる彼女は、男性にとってとても大切な存在となることでしょう。

    このように、笑顔には男性を虜にする力があるのです。