笑い方で心理が丸わかり?笑い方の種類別性格&可愛い笑顔の練習法!

  • 笑い方の種類でわかる心理&性格《続き》

    口元に手を当てて笑う


    口元に手を当てて笑う人は、品性を大切にするタイプでしょう。特に、上品で清楚な女性に多く見られます。

    また、「本当の自分を見せたくない」「素を見られたらどう思われるだろう」と心の中で心配して、笑顔を隠してしまう女性に多いとも言えそうです。この恥ずかしいという気持ちは、「私の見せたい面だけを相手に見てほしい」という見栄からきているとも考えられます。

    単純に、口元に自信がないというパターンもありますが、どちらの場合でも、信頼を深めると笑い方が変わる可能性が高いでしょう。

    叫ぶように騒がしく笑う


    まるで舞台の上にでもいるかのように、叫ぶように騒がしく笑う人は、自分が存在していることを周りに分かってほしいタイプかもしれません。

    インパクトの強いこの笑い方は、自身をアピールしたがる自己中心的な人に多く見られる笑い方です。同時に、自分への共感が欲しい、寂しがり屋で構ってもらいたいと思う人に多く見られる笑い方でもあるといえるでしょう。

    しかし、耳をつんざくような声で周りの気を引いても、周りは驚いて振り返るだけです。驚かされた人は迷惑に思うことが多いので、少しボリュームを下げて笑うといいでしょう。

    手を叩いて笑う


    手を叩いて笑う人は、周りの雰囲気に流されやすいタイプだと言えるでしょう。

    おかしさを表現するために手を叩いて、さらに場を盛り上げようとするこのタイプは、周りからもムードメーカーとしてパーティなどに引っ張りだこにされることが多いです。トークが盛り上がることも多く、情報交換も積極的に行います。

    しかし、「周りから盛り上げることを求められている」と感じてしまい、そんなに楽しくない話に対しても、バカウケする人を演じてしまいがちです。その結果、振り回されてしまうことに繋がるので、自分がつらくならない程度にわきまえるといいでしょう。

    不思議な擬音で笑う


    不思議な擬音を発して笑う人は、緊張しやすい、猜疑心が強い、自己肯定感が低いタイプに多いようです。他人とのコミュニケーションが苦手な人や、心を許すまでの関係に至っていない相手と会話をしている人に見られる傾向です。

    「面白いけど笑ってもいいのだろうか?」「笑うところは合っているのだろうか?」「自分の笑い顔が嫌いだ」などと心の中で葛藤しているときに、思わず「フヒヒ」「ブフフ」といった擬音で噴き出してしまいがちです。

    そんな心境に理解を示してくれる人や「けっこう面白い人かも」ととらえてくれる人は意外と多いので、怖がらないでどんどん笑ってしまいましょう。
  • あなたの笑い方が周囲に与える印象は?

    笑ったり笑顔になったりすることの影響は意外と強く、笑い方一つで、その場の雰囲気がガラリと変わることはよくある話です。

    あなたの笑い方は、周囲にどんな影響を与えているのでしょうか?

    手をたたいて笑う人は好かれやすい


    手を叩いて笑う人は、一般的に好かれやすいと言えるでしょう。場を盛り上げてくれるので、パーティや集まりでは重宝されるはずです。

    しかし、仲間内では重宝されることが多い反面、関係のない他人からは煙たがれることが多いのも、この笑い方です。手を叩いて大きな音を出すことで周りが驚いてしまい、それに負けないくらいの笑い声を出すことで、「サルのおもちゃみたい」「バカっぽい」と周囲から思われることも少なくありません。

    TPOに注意すると同時に、周囲に人がいる場合は配慮をしつつ、仲間内に聞こえる範囲内で楽しみましょう。

    歯を見せる笑い方は人気が出る


    歯を見せる笑い方には、絶大な効果があるようです。歯を出して相手に笑いかけると、「爽やかに見える」「好感がもてる」といった評価をされることが多いです。

    歯を出して相手に笑いかけることで、明確に笑っていることが伝わり、「自分にだけ笑いかけてくれている」といったインパクトも与えることができます。

    ただし、歯を見せて笑うなら、タバコのヤニやポリフェノールの色素沈着は大敵です。できるだけ歯を清潔に保つといいでしょう。

    含み笑いは何を考えているか分からない


    含み笑いをする人は、少し要注意です。含み笑いは、周りから「何に対して、どういう気持ちで笑っているのか分からない」と思われがちです。

    当の本人は、思い出し笑いをしているだけだったり、遠くの人の動きに笑ってしまっただけだったりするのでしょうが、そういったときに明確に面白そうに笑うのではなく「フフ…」と含み笑いをしまうと、そこだけ見た人には「何を考えているか分からない人」と思われてしまうでしょう。

    反面、相手に考えていることを悟らせたくないときには、この笑い方をするのは有効でしょう。

    クールな笑い方はナルシストに見える


    たまには笑い方に変化をつけて、カッコよく笑ってみたいこともあるはずです。しかし、クールな笑い方は要注意で、一歩間違えるとナルシストととらえられてしまうこともあります。

    笑って崩壊しそうな顔を見せないよう、「ハハッ」「フッ」とカッコつけて横を向くこの動作に、ナルシスト感を覚える人は少なくないでしょう。

    どうしてもクールに見せたいときは、決めポーズをとったり横を向いたりしないで、キメ顔だけで「ハハッ」と相手に笑いかけるといいでしょう。

    微笑む笑顔は優しそうに見える


    声を出して笑う笑い方もいいですが、微笑むような笑顔も評価が高いでしょう。特に、騒がしくない落ち着いた場所で微笑むように笑っている人を見ると、温かい気持ちになったり、ホッとしたりするものです。

    また、微笑んだ笑顔自体が優しそうに見えるので、初対面の人にも既知の人にも好印象を与えられそうです。