おっぱいをなめる男の脳内を覗き見!男性はなぜ胸を舐めたがるの?

  • 女性がおっぱいをなめられている時に考えていること

    一方の女性は胸をなめられている時どんなことを考えているのでしょう。男性の方はこれを参考にすると良いかもしれません。リアルな意見を覗いてみましょう。

    焦らして欲しい


    「私の彼はおっぱい星人…胸を触るだけじゃ物足りなくって、すぐにおっぱいをなめたがるんです!それで、一旦おっぱいをなめ始めたらすぐ挿入。なんかいろんな意味でもうちょっと焦らしてくれないかって不満なんです!他にも前戯ってあるじゃない?!」(26歳・女性)

    胸を触ることもなめることも焦らさない、そして自分の興奮が高まったら即挿入…。そんなセックスでは女性からしたら少しロマンティックに欠けると感じてしまうでしょう。女性はもっとゆっくりと興奮を高めていきたいし、興奮が高まるまでワンパターンの前戯は物足りないと感じる人もいます。

    胸をなめてる時間が長い!


    「前の彼はとにかく女の胸が好きで、一度なめ始めたらずーっと胸から離れない人でした。乳首がふやけてしまんじゃないかって思うくらい。(笑) 最初のうちは気持ちがいいからそれでも良かったけど、だんだんそれも慣れ過ぎて気持ち良くなくなってきちゃった。だから、もっとなめて欲しいぐらいがちょうどいいかも。」(24歳・女性)

    慣れてしまうと気持ち良さが半減してしまうという意見ですが、これは少しニュアンスが違うかもしれません。おそらくですが、この女性は彼の胸への愛撫がワンパターン化したことに慣れてしまったのではないでしょうか。どちらにしても胸ばかりでは女性が飽きてしまいます。

    痛い!


    「うちの旦那は、夜の営みの時は真っ先に胸を攻撃してきます。普段夜の方を私が拒んでいるせいか、オッケーした日の夜はきっと感情が抑えられないんだと思う…それが痛いのなんのって!胸の揉み方も力加減が間違ってるし、乳首を思いっきり吸うのが痛くて痛くて。勘弁してほしい!」(31歳・女性)

    きっとこの旦那さんは欲望が爆発してしまうのでしょう。自分本位の胸への愛撫は女性にとって痛いようです。女性の胸は皮膚が薄くとてもデリケートにできています。乱暴に揉んだりなめたりしたら、傷をつけてしまう危険性もあります。

    ぶっちゃけ胸はそんなに気持ち良くない


    「私ちょっと不感症なんです。だから、必死に彼が胸を触ったりなめたりしてもぶっちゃけそんなに気持ち良くない。彼は自分のなめかたが下手なのかと思っているみたいだけど、そうじゃないんです。」(18歳・女性)

    この女性は自分は不感症だから胸をなめられても気持ち良くないと言っています。ですが、年齢が若いせいもあって、まだ胸への快感が開発されていない場合もあります。自分は不感症だからと諦めてしまうと、胸の快感も半減してしまうかもしれません。気持ち良くなるまで長い目で考えることも大事でしょう。