【好きな人に電話するなら】話題・コツ・注意・脈あり判断…徹底解説!

  • 好きな人に電話をするときのコツ・モテテクを伝授!

    好きな人に電話をするきっかけや話題が決まったら、次は本番ですね。次からは実際に電話をするときのコツやモテテクを伝授します。これを実践して好きな人から意識してもらいましょう!

    いつもより明るいトーンで話す


    電話となると、会って直接話をするときと比べて顔の表情が見えません。相手には声の情報しか届かないので、しっかりと好印象になる話し方をしましょう。

    まず、第一はいつもより明るいトーンの声で話すことです。電話越しに聞こえる声は少しだけ低いトーンで相手に聞こえてしまいます。それに表情が見えないので、明るいトーンでしゃべり声に表情をつけることが重要になります。少し明るいトーンで話すことで、相手は笑顔のあなたを想像するのです。

    少しオーバーなリアクションをする


    電話越しになると、お互いの動きが見えなくなってしまいます。動作が見えない分、お互い相手のリアクションがわかりづらい状況になりますね。そうすると、盛り上がりに欠けてしまい相手を「つまらないのかな…」という気持ちにさせてしまいます。

    ですがリアクションをオーバーにすることで、動作が見えなくても相手にあなたのリアクションが伝わりやすくなり、その結果会話が盛り上がることになるでしょう。

    ハキハキとしゃべる


    電話越しの声って聞き取りづらくありませんか?せっかく勇気を出して電話をかけたのに、モゴモゴとしゃべってしまい、相手に話がまったく伝わらなかったら本末転倒です。

    しっかりハキハキとしゃべり、相手に聞き返されることが無いようにすると、きっと会話も長続きしますよ。電話をかける前に「あ・い・う・え・お」と軽い発声練習をしてみると準備運動にもなり、ハキハキとしゃべることができるようになるでしょう。

    語尾を少し伸ばして話す


    こちらは特に女子が行うと可愛いモテテクになります。

    「○○だよ」、「○○です」と語尾をピシッと終わらせると業務的な話し方になりがちです。そこで「○○だよー」「○○ですー」と少しだけ伸ばすことで柔らかい印象になって、相手に可愛いと思ってもらえる確率が上がります。

    しかしあまり伸ばし過ぎると逆効果になってしまう時があるので、ほどほどに行いましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)