【好きな人に電話するなら】話題・コツ・注意・脈あり判断…徹底解説!

  • 好きな人に電話するきっかけ・言い訳

    異性から電話があった場合、嬉しいと感じる人もたくさんいます。それだけで電話をかける勇気が出てきますよね。

    ですが、問題は好きな人に電話をする上でのきっかけや言い訳です。どうせなら変に思われずに、自然な流れで電話したいところ。そんな好きな人に電話をかける際の、自然なきっかけや言い訳を紹介していきます。

    仕事の悩みを相談する


    仕事で悩みがある時に「相談」という形で電話をすると、好きな人から何も怪しまれずに電話をかけることができるでしょう。同じ職場で働く人が相手ならば、なお自然ですね。

    重要なのは仕事の悩みを相談することです。勢いあまって愚痴になってしまうと、聞かされる方はうんざりしてしまうので注意しましょう。

    ただの業務連絡を装う


    業務連絡と言っても、仕事のきちんとした内容でももちろん良いですし、共通の友達やグループ内からの連絡などでも充分に電話をかけるきっかけになります。

    共通の友達やグループの仲間に協力してもらうのも良いですね!連絡事項を作ってもらい、それをあなたが好きな人に伝える作戦を企てると、より自然な電話になるでしょう。

    わからないことを尋ねる


    何かわからないことや、自分では解決できないことを尋ねるために電話をするのもひとつのきっかけになります。さらにそれが好きな人の得意分野だと、なおさら自然になり話も弾むでしょう。

    例えば、好きな人が車に詳しい人ならば車に関することを尋ねるといった次第です。ほかにも、好きな人の行きつけのお店などがあれば「いつが店休日だっけ?」などを軽く聞いてみるのも自然なきっかけになりますね。

    好きな人を思い出したから


    少し今までのものよりハードルが高いですが、「思い出したから何してるかなーと思って電話をしてみた!」という言い訳で好きな人に電話をかければ、相手は意表を突かれてドキッとするかもしれません。

    好きな人を思い出すきっかけはたくさんあります。「好きな人の趣味のグッズを見かけたから」や、「好きな人と似ている人を見かけたから」など些細なことでも良いので、自然な言い訳をしてみましょう。

    わざと間違い電話をする


    こちらはあまり頻繁にはできないテクニックですが、間違い電話は自然に電話ができる言い訳になるでしょう。「電話帳で違う人にかけたつもりだったのに…ごめん!」という風に、うまくごまかすことがポイントです。

    電話が繋がらなかった場合でも、その後にLINEやメールで「ごめん、間違えました」と送ることで連絡のきっかけにもなりますね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)