つまらない男の特徴とは?「一緒にいても面白くない」エピソード&対処法

あなたの周りに「つまらない男」はいませんか。学校・職場など、つまらない・面白くないといわれてしまっている男性が一人はいるものです。放っておいて関わりにならなければ良いのですが、そういう訳にもいかない場合、どう接すればいいのか?その対処法をご紹介します。

  • つまらない男ってどういう男?

    学校や職場、恋愛関係という場面で、結構いるのが「つまらない男」です。本人はどう思っているか分かりませんが、接するこちらから見れば面白くなく、つまらない男としか言いようがないのです。

    今回は友達・同僚・彼氏・夫などの関係性からつまらない男について徹底分析してみました。まず最初に簡単につまらない男とはどんな特徴があるのかご説明しましょう。

    一緒にいても楽しくない男


    一緒にいても楽しくない男は”つまらない男”ということになるかと思われますが、これには”接するこちら側にとって”という前置きがあって、楽しくないと感じるにはそれなりの理由があるということになります。

    たとえば、受け身であるこちら側はユニークな人が好みなのに、相手の男性にまったくユニークな要素がなければこちらにとって楽しくない=つまらない男ということになるのです。

    話が面白くない男


    そこで、もっと細かく分類すると”話が面白くない”という理由が出てきます。相手は一生懸命話しているつもりでも面白くなかったり、こちらとまったく話がかみ合わなかったりするのはよくある特徴です。

    一生懸命に話そうと思ってくれている男性ならまだ許せますが、その話が空回っていることに気付きもしないで、自分のペースで淡々と話をする男性はとてもつまらない男と感じてしまいます。

    その両方を兼ね備えた男


    そして、ここまでをミックスしますと究極の”つまらない男”が完成してしまいます。大まかな分析ですが、とても分かりやすい特徴ではないでしょうか。自分にとって面白くなくハマっていない男で、自分本位の話がまったく面白くない男ということです。

    こんなつまらない男は、残念ながら友達も少なく、なかなか彼女もできないということになります。パッと見の外見だけではこのことに気付かず、深く付き合ってみて「失敗した!」と思うこともよくあるでしょう。