塾の先生が好き!付き合ってもいい?アプローチ法は?脈あり判断も!

  • 塾の先生と付き合う方法

    塾の先生を好きになっても、先生と生徒という関係性のままで付き合うというのは難しそうです。でも、今すぐに付き合えなくても、将来的に付き合える可能性はゼロではないということをお伝えしてきました。

    そこで、どうしても塾の先生を好きな気持ちを貫き成就させたいという人のために、先生と付き合える可能性を高める方法をお伝えします。

    成績をUPさせる


    先生の本音のところでもご紹介しましたが、塾に通う生徒の成績UPが先生にとっては嬉しいことです。先生を好きになったがために勉強に集中できず、成績がガタ落ちなんてことになったら、先生はガッカリしますし自分のせいだと責任を感じてしまうでしょう。

    先生に好きになってもらうためには、色仕掛けよりも一生懸命勉強に励んで成績につなげることが一番効果的なのです。成績が上がれば志望校合格への道も開けてくるでしょう。大好きな先生に頑張りを認めてもらうためなら、やる気も出てくるはずです。

    存在をアピールする


    個別指導塾なら先生と関われる時間はたっぷりとありますが、集団で一斉授業を受ける場合、先生は多数の生徒を相手しますのでその中に埋もれてしまいがち。これでは、好きな気持ちに気付いてもらうことは難しいでしょう。

    先生に少しでも存在をアピールするために、積極的に質問したり顔を上げて授業に臨み先生と目が合う回数を増やしましょう。それだけでも他の生徒よりも熱心に授業を受けているという印象を与え、好感を持ってもらえます。

    面談など二人の時間を増やす


    さらに、二人で話せる機会が少ない環境の場合は、授業の前後に個別で先生に質問する、時間を作ってもらい相談に乗ってもらうというのも効果的です。授業中だけでなく授業の前後や空き時間も、できる限り先生と過ごせる時間を作りましょう。

    はじめは勉強のことしか話題にできないかもしれませんが、先生と話す時間を重ねるうちに勉強以外の雑談もできる関係になり距離が縮まるはずです。

    もちろん、先生も忙しいですし他の生徒もいますので、自分勝手に先生を独占するのはNG。先生の都合や周りへの配慮もしつつ、関係を作っていけるといいでしょう。

    好きだということをさりげなく伝える


    しっかりと顔を覚えてもらい、雑談もできる程度に仲良くなれたかな…という段階になったら、先生にもう一段階アピールしてみましょう。例えば、先生の趣味を聞いて自分もやってみたい・一緒に行きたいというように、プライベートで会いたいという気持ちを伝えます。

    プライベートで会うということを先生に想像させるだけでも意識してもらえる効果があります。「会えない」と断られるケースがほとんどでしょうが、「卒業したら」とお願いしましょう。そのような会話の積み重ねで、告白こそしなくても特別な関係を築くことはできます。