芯が強い女性はモテる!「芯のある人」の意味・特徴&メンタル強化法

  • 「芯が強い」に関する専門家の意見やアドバイス

    誰もが弱い部分を持っていることを理解しよう


    「芯が強い人」に憧れを抱く人は多いことでしょう。しかし、一見、芯が強そうに見える人でも、弱音を吐きたい時や、ダメになってしまいそうな時があるものです。これについて、『1万人超を救ったメンタル産業医の 職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全』(井上 智介)には、以下のような記述があります。

    「社会において、自分の立ち位置を確認する時に、どうしても他人と比較してしまうものですよね。さらには、他人と比較するだけならまだしも、その相手への嫉妬など、ネガティブな感情を抱いてしまうこともあるし、自信を失うようなことさえあります。あなたも、他人と比べないほうが精神的にも楽であるのは、十分にわかっているのに、知らぬ間に他人と比べてしまうのではないでしょうか。

    これには、インターネットが発達して、自分の比較対象が目の前にいなくても、簡単に自分と同じようなポジションの人を見つけることができるようになったことも影響しています。『他人と比べないように、比べないように……』そんなふうに自分に言い聞かせても、簡単にはコントロールができず、結局はストレスが溜まる要因になっている人すらいます。

    (中略)

    人間は、他人と比較する動物だと割り切って考えましょう。そのほうが気持ちもラクになりますし、無理して自分の気持ちにフタをして『他人と比べないように』とプレッシャーをかけても、つらいだけで何も解決できません。

    (中略)

    あなたから見れば、比較対象の相手に、憧れや『羨ましい』といった感情が生まれるかもしれません。しかし、相手も、必ず苦悩や不安を抱えて、精一杯の努力をしている、ということを忘れないようにしてください。

    (中略)

    世の中には、心に余裕がなくなってきた時や不機嫌になった時、ムスッとした表情になる人も多いもの。
    あなたが比較する人は、『本当は色々と不安や苦悩があるのに、私の前ではニコニコしてくれる人』と受け取ってください。
    その相手は、自己肯定感の高い人である可能性が高いです。」

    たとえ芯が強いと言われている人でも、辛い局面でも笑顔で頑張っていたり、周りを悲しませないように努力していたりするものです。誰かと自分を比較して、落ち込むようなときには、実はその人も苦悩を抱えて精一杯努力しているのだということを想像してみるといいでしょう。

    ポジティブ思考で芯の強い人になろう


    ネガティブ思考にとらわれていると、自然とくよくよする時間が増え、意志が弱くなってしまうもの。前向きに生きていくためには、できるだけポジティブ思考を心掛けたいところです。これについて、『オトナの決断力 恋愛、仕事、人間関係、欲しいものを手に入れる!』(岡山里香)には以下のような記述があります。

    「『性格は変わらないが、考え方は変わる」とよく言われますが、考え方が変われば、性格も変わると思います。
    私はどちらかというと、前向きな性格ではありませんでした。勉強、スポーツ、絵んどのあらゆる才能は生まれつきなのだと思っていました。しかし『勉強ができなかったにもかかわらず、難関の学校に進学した友人』を見て、その『前向きで目標にまっすぐ』な考えに感銘を受け、『人は変わるし、それによって結果も変わる』と知り、前向きな性格になろうと決めました。

    具体的には、14~20歳まで毎日日記をつけ、自分を客観的に分析し、前向きにするべき点を洗い出したり、前向きな友人の考えをメモしたりしていました。だんだん、前向きに考えることは癖になってきて、成人してからは楽天的とかマイペースと言われることが増えてきました。前向きさや、マイペースは自分で作ったと言えます。色々なキャリアをたどり、自分を信じて漫画を仕事にできたのも、この考え方の賜物です。考え方や性格を変えれば結果も変わるので、皆さんもなりたい性格や結果についてぜひ考えてみてください。」

    このように、自分を客観的に見つめ直すことで、少しずつなりたい自分に近づくことができるようです。思考のあり方を変えることで、芯の強さを身につけましょう。

    <参考文献>
    『1万人超を救ったメンタル産業医の 職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全』(井上智介)
    『オトナの決断力 恋愛、仕事、人間関係、欲しいものを手に入れる!』(岡山里香)

真っ直ぐで聡明でポジティブで…。「芯が強い女性」は女性からも憧れる存在です。「いい女」と言われてモテる理由も納得。時には「ちょっと怖い」と恐れられるけれど、本当は一途な可愛い女性。

本当の弱いところは「好きな人にだけ」見せちゃう、押しと引きのバランス感覚も抜群です。女性ならぜひ目指すべき「芯が強い女性」。「か弱い女性がモテる」と信じている人は、今こそ心を改めていきましょう。
Photo:All images by iStock

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)