遠距離恋愛から結婚するカップルになるために知るべき121のポイント

  • 遠距離恋愛の危機!?遠距離の彼氏が冷める行動とは?

    相手の存在を身近に感じることができない遠距離恋愛中は、ちょっとした言葉がきっかけで関係に亀裂が生じやすいもの。それだけに、彼氏を不安にさせる一言は慎みたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に「遠距離の彼氏が冷める行動」をご紹介します。

    「職場の先輩がいい人で…」と身近に親切な男性が現れたことに触れる。


    「ほかの男の影って、なんでもない相手でもやっぱり脅威に感じる」(20代男性)というように、「親しい男性」の存在を聞かされて動揺するパターンです。やましいことは一切ないとしても、やきもち焼きの彼氏には、わざわざ存在を明かす必要はないでしょう。

    「ちょっと返信するのを忘れていて」とバカ正直に連絡忘れの理由を話す。


    「それって僕の存在を軽くみている証拠では?と悲しくなる」(10代男性)というように、返信を忘れた挙句、言い訳すらしないのでは、彼氏を傷つけてしまうかもしれません。相手の気持ちを尊重するなら、「ずっと返信しようと思っていたけど」などと反省の気持ちを示しましょう。

    「へー、そうなんだー。ところでさ」と彼氏の話に無関心なリアクションをする。


    「話したいことが一杯あるのに…って感じです」(20代男性)というように、彼氏の話に興味がなさそうな態度を見せるのもまずそうです。離れているからこそ、相手の言葉にはきちんと耳を傾けたいものです。

    「飲み会に誘われているんだけど」と合コン疑惑を抱かれかねない話題を出す。


    「あらためて許可を求められると、なんか心配になります」(20代男性)というように、お酒が入るイベントの話は、彼氏を必要以上に心配させてしまうようです。合コンではなく、会社の集まりや友達同士の飲み会なら、趣旨をはっきり伝えたほうがよさそうです。

    「最近、残業続きで」と連絡無精を仕事のせいにする。


    「忙しいのは分かるけど、LINEくらい返せるはずだと思います」(20代男性)というように、マメに連絡できないことを仕事のせいにするのも、いい心証を与えないようです。LINEなら、スタンプに一言添えるだけでもいいので、なるべく早く何かしらのリアクションを見せてあげましょう。

    「会うの1回お休みにしない?」とデート延期の提案をする。


    「なんか用事があるのかもしれないけど…単純にショックですよね」(20代男性)というように、デートのキャンセルを申し出る場合は、伝え方に注意が必要そうです。「ホントに会いたいけど…」としきりに残念がってから、心を込めて謝りましょう。

    「上司が超クソで…」とせっかくの電話なのに愚痴ばかりぶつける。


    「会社への不満を一方的に聞かされて、甘いムードはどこへやら…」(20代男性)というように、電話でネガティブな話題を吐き出しすぎるのも、思いやりに欠ける行為かもしれません。二人がつながっているその瞬間を大事にすべきでしょう。

    「浮気してないでしょうね?」と根拠もないのに疑いをかける。


    「そう言われても証明しようがない。『してる?』『してない』の堂々巡りですよね」(20代男性)というように、やみくもにほかの女性の影を疑うのも、悪循環しか生まないようです。決定的な証拠をつかんでいるわけではないのなら、彼氏のことを信じましょう。
    「信用されてないのって悲しい」(20代男性)など、何の理由もなく、ただ離れているせいで浮気を疑われると、気分を害する男性がいても仕方がないかもしれません。不安なのはわかりますが、「夜電話に出ない」など浮気の兆候もないのに彼氏を責めるのはやめたほうがいいでしょう。

    「今どこにいるの?」と聞かれ、それを証明するように言われること


    「会社の飲み会中に写メなんて送れない」(30代男性)など、離れた場所から彼を監視するような彼女の行動に、窮屈な思いをしている男性もいます。「相手が忙しいときはメールを催促しない」などのルールを決めれば、お互いに不安を感じず過ごせるのではないでしょうか。

    「遠距離を続ける自信がない」と二人の現状に疑問符をつける。


    「離れていることはどうしようもないのに、それを拒絶されてしまっては話にならない」(20代男性)というように、遠距離恋愛を否定的に捉える一言は、彼氏の気持ちをどん底に突き落としてしまうようです。不安な気持ちがどんどん大きくなってしまうようなら、思い切って会いに行ってしまったほうがいいかもしれません。

    仕事でどんなに疲れていても、LINEや電話を求められること


    「早く寝たいのに…」(20代男性)など、男性の状況を考えずに、当然のように連絡を望む女性に対して、腹を立てる男性も少なくありません。電話で彼が疲れている様子を感じたら、自分の話ばかりをせずに「大丈夫?」といたわる気持ちを見せてはどうでしょうか。

    会えないと分かっているのに、「会いたい」とワガママを言われること


    「無理なことを言われると冷める」(20代男性)と、物理的にどうしようもないワガママにうんざりする男性もいました。ただ自分の気持ちをぶつけるだけではなく、女性から具体的な日程の提案をしてみるといいかもしれません。

    頻繁に会いに行かないと機嫌が悪くなる。


    「そんなに会いたいなら来れば? 自分では何の努力もしないなんて」(20代男性)など、「彼氏が会いに来てくれて当たり前」という態度でいると、男性から不評を買う恐れがあるようです。さみしさを感じたら「会いに行っていい?」と自分から積極的に行動したほうがマシな印象でしょう。

    毎日のように一日何をしていたのか、報告を求められること


    「いちいち説明するのが面倒」(20代男性)と、女性に一日の行動を報告するのを敬遠する男性もいます。彼の話を聞きたければ、質問攻めにするのは避け、彼の仕事や趣味の話など、自分の興味がない分野の話題でも気持ちよく聞く姿勢を見せるといいでしょう。

    直接会えないからこそ、些細なことがきっかけでケンカになってしまうこと


    「ちょっとした言葉に反応されると困る」(20代男性)など、顔が見られないからこそ、言葉の行き違いで揉め事になるのを嫌がる男性もいました。多少気になったとしても、彼の発言の揚げ足をとるような反論はやめたほうがいいでしょう。

    会う予定を決めるときに、互いの日程の調整が普通の恋愛以上に手間取ること


    「相手の予定に合わせてばかりなのが辛い」(30代男性)など、遠距離恋愛では、デート日程の調整が大きな障害だと感じる男性は多いようです。ときには女性から予定を合わせてあげると、彼からの印象もアップするかもしれません。

    彼氏に報告メールや電話などのノルマを課す。


    「『毎日○回メールすること』とか決められると、楽しい気分じゃなくなる」(20代男性)など、束縛が過ぎると彼氏が電話やメールを義務的なもののように感じてしまうかもしれません。毎日電話やメールがしたいなら、「明日も声が聞きたいな」など、その都度甘えてみてはいかがでしょうか。

    遊びに行ったときに彼氏の部屋の家捜しをする。


    「家捜しされたことがわかるとドン引き。嫌いになっちゃうかも」(20代男性)など、不安に任せて浮気の痕跡を探るようなことをすると、せっかくの彼氏の楽しい気分も吹き飛んでしまうようです。そこまでするのは、強い浮気疑惑があるときだけにしたほうがいいでしょう。

    電話口ですぐに泣く。


    「たまになら嬉しいかもしれないけど、毎回だと正直面倒」(20代男性)など、寂しいからといって泣いてばかりいると、面倒くさいと感じる男性もいるようです。趣味に打ち込むなど、一人の時間を充実させたほうが好印象ではないでしょうか。

    何の連絡もなしに突然会いに行く。


    「サプライズのつもり? 正直怖いよ」(20代男性)など、彼氏に内緒で突然会いに行くと、喜ばれるどころか困惑されてしまうこともあるようです。ただし、誕生日や記念日であれば、ストレートに喜んでもらえる確率が高いでしょう。

    「今すぐ会いに来て」など無理難題を出す。


    「無茶なことを言われると、正直付き合いきれないと思っちゃう」(20代男性)など、孤独感からムリなお願いごとをすると、「かわいいワガママ」では済まされなくなるようです。彼氏も同じくらい寂しい思いをしていることを思えば、出かかったワガママも引っ込むのではないでしょうか。

    浮気をほのめかして関心を引こうとする。


    「大人なんだから、子どもっぽいこと言わないでほしい」(20代男性)など、彼氏の気を引くために「浮気するよ?」などと言うと、男性に「幼稚な行動」だとドン引きされることもあるようです。「寂しい」「会いたい」など不満を正面からぶつけたほうが、本心が伝わりやすいでしょう。

    心配だという理由から結婚を迫る。


    「軽々しく『結婚したい』って言われると冷める」(20代男性)など、よく考えもせずに結婚の話を持ちだすと、真剣に交際していた彼氏ほど好意が冷めてしまうこともあるようです。本気であればこそ、話を切り出すタイミングには慎重になるべきではないでしょうか。
  • 遠距離恋愛を乗り越えるためのLINEテクは?

    遠距離恋愛はお互いに気持ちをつなぎとめるための努力が必要だと言われます。女性の側もただ相手を信じるのではなく、改めてこちらを振り向かせるためのアピールも必要なのかもしれません。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「遠距離恋愛を乗り越えるためのLINEテク」をご紹介します。

    自分の画像付きのLINE


    「愛おしさが高まります」(20代男性)など、文字だけでなく画像を送ることで、彼氏は「離れたところに自分を待つ人がいる」という実感が増すようです。理由なく自分撮りするのに抵抗がある人も、出かけたときなどは報告がてら写真を撮っておくといいでしょう。

    「好きだよ!」とストレートに気持ちを表現したLINE


    「やっぱうれしいですよね」(30代男性)など、長く付き合った間柄でも、きちんと「好き」と表現することは大切なようです。少し照れくさかったりもしますが、日常的に伝えていない人ほど「好き」の言葉に重みも出そうです。

    会いたい気持ちが伝わってくる「次に会ったら何をしようか?」LINE


    「いろいろと意見を出し合うのが楽しい。幸せを感じる時間です」(20代男性)というように、次のデートの話をふってみるのもいいでしょう。一緒に行きたい場所や食べたいスイーツなど、具体的な希望を出し合って期待を高めていきたいところです。

    会ったときに何がしたいか楽しげに希望を並べたLINE


    「デートが想像できていいですね」(20代男性)など、「今度、二人で○○しようね!」と呼びかけると、彼氏も実現が楽しみになるようです。ただし、会えない反動からうっかり贅沢な理想ばかり語ってしまうと、彼氏が面倒に感じてしまうかもしれません。

    彼氏がいないと一日が退屈だったという「さみしさアピール」LINE


    「俺がいないとダメなんだな、って思うかも」(20代男性)など、適度なさみしさアピールは、彼氏の「そばにいて守りたい」という男心を刺激することもあるようです。ただし、しょっちゅうさみしさだけを訴えるばかりでは、「自立できず頼りない女性」という印象を与える恐れがあるでしょう。

    いつもとは異なるタイミングでの「会いたい」LINE


    「なんかリアルで心配になる」(30代男性)など、不意の「会いたい」LINEは彼女の心の叫びと受け取る男性もいるようです。普段泣き言を言わない女性の突然の「会いたい」ほど、男性は「なんとかしよう!」と奮い立ってしまいそうです。

    最近買った服の画像付きLINE


    「着たところをイメージすると会いたくなる」(20代男性)など、洋服だけの画像でも、彼氏の想像力を刺激することがあるようです。また、服を体の前で合わせてみた画像も、一緒に買い物に行ったような気分で楽しんでもらえそうです。

    自分ががんばっていることの報告LINE


    「『こっちもぼんやりしてられないな』と思う」(20代男性)など、仕事や趣味に懸命に取り組んでいることがわかると、彼氏は「やっぱり誰よりいい女だな」と他の女性に目が向かなくなるようです。「マラソン大会に出る」などの目標があると、彼氏も応援しやすいのではないでしょうか。

    おいしそうな手づくり料理の画像付きLINE


    「手料理に弱いもんで」(30代男性)など、料理の腕を磨いている様子に、将来のビジョンが広がってしまう男性は多いようです。窓辺に置いてみる、カメラを寄せてみる、といったおいしそうに撮る工夫も、彼氏の気持ちを引き付けるのに有効かもしれません。

    「忙しいみたいだから返事はいいよ」といった気遣いLINE


    「健気さに放っておけなくなる」(20代男性)など、気遣いを感じる遠慮がちなLINEを見ると、遠方で浮かれた彼の気分も引き締まるようです。「もっとLINEして」といった要求ばかりだと、彼氏も他に安らぎを求めてしまうのかもしれません。

    一日の疲れが癒される「本当に、お疲れさま!」LINE


    「さりげない気遣いが、疲れた心にしみわたりますね」(20代男性)というように、一日の終わりにねぎらいの言葉を掛けてあげると、彼氏の心も安らぐようです。定型メッセージにならないよう、文面を工夫したり、スタンプを添えたりするといいかもしれません。

    「おはよう。今日も頑張ろうね」と何気ないあいさつがチカラの源になるLINE


    「朝から元気が出るし、その日は彼女のことばかり考えてしまいます」(20代男性)というように、毎朝の「おはよう」は、遠距離恋愛中に欠かせない挨拶だといえそうです。電車での出勤中など、彼氏に読んでもらえそうな時間帯に送るといいでしょう。

    自分と会うための努力が嬉しい「節約してお金ためているよ」アピールLINE


    「遠距離って会うのに毎回お金がかかるので、そこを頑張ってくれると励みになります」(20代男性)というように、会うためにしている努力を明かすのも、彼氏の気持ちを前向きにするようです。ただし、そればかりアピールすると、恩着せがましく思われるおそれがあるので、小出しにしたほうがいいかもしれません。

    冗談っぽいから余計にしみる「さみしくて死んじゃうよー」LINE


    「やっぱり俺がいないとダメなんだなって守ってあげたい気持ちになります」(20代男性)というように、そばにいられない寂しさをぶつけてみるのもよさそうです。ただし、鬼気迫るような様子だと、「重い」と思われてしまうので、あえて軽めのトーンを意識してみてはいかがでしょうか。

    「体調は大丈夫?」と本気で心配してくれている感じが伝わるLINE


    「離れていてもこっちを第一に考えてくれることが何よりうれしいです」(10代男性)というように、折に触れて体の具合を気遣ってあげると、真心が伝わるかもしれません。頑張りすぎるタイプの彼氏なら、なおさら響くでしょう。

    「お互い頑張ろうね」と自分も負けないように成長したいと思うLINE


    「彼女がしっかりやってる様子を想像すると気持ちが引き締まります」(20代男性)というように、ポジティブなスタンスを見せ続けると、いい緊張感が保てるようです。恋人同士というだけでなく、よきライバルとして切磋琢磨できる関係になれるのが理想的かもしれません。

    「今日もあなたのことを考えてた」深い愛情を感じるLINE


    「ストレートに甘い言葉が送られてくると、かなりドキッとします」(20代男性)というように、彼氏のことが頭から離れないことを正直に話してみてはいかがでしょうか。無理に「平気なふり」をするよりも、心をつかむ効果がありそうです。

    「夢の中に出てきたよ」そんなに考えてくれているのかと感動するLINE


    「まさか夢にまで見てくれるとは。さみしい思いをさせて申し訳ないと思います」(20代男性)というように、会いたい気持ちの強さを上手に表現できるとよさそうです。照れてしまう人は、「夢で見たんだけど」くらいにサラッと言ってみましょう。