「セフレと本命の違い」とは?キスや態度から男性心理が丸わかり!

  • セフレと本命の違い《連絡編》

    まずは、男性がセフレと本命彼女に対して、どのように態度を分けているか連絡の仕方から判断していきます。たった一本の電話やLINEからでも、女性に対する想いは見えてくるもの。

    連絡が来るからちゃんと想われていると安心していてはいけません。その内容や頻度など、明らかにセフレと本命彼女に対して次のような差が出てくるのが自然なのです。

    セフレにはやりたい時だけ連絡


    連絡が来たと思ったらホテルへの誘いばかり。また、自分の都合のいい時だけ連絡してきて呼び出される。そんな連絡の仕方は、本命彼女にはしません。

    セフレは、やりたい時だけ連絡すればいい都合のいい相手なのです。本命彼女のようにマメに連絡して繋ぎ止めようとしたり、思わず連絡したくてしつこくしてしまったりというようなことも、セフレに対してはありません。

    セフレには連絡を手短に済ませる


    電話やLINEの内容も、本命彼女に対しては他愛もない会話を楽しむものですし、愛の言葉を伝え合ったりするカップルも多いでしょう。いっぽうセフレに対しては、業務連絡のように用件だけ伝えて終了というパターンが多いです。

    ただやらせてくれればいいだけの相手ですから、気を遣う必要も長々とやり取りとしたいという気持ちもないのです。次いつやれるか、それさえはっきりしていれば用はないというのが本音なのでしょう。

    セフレには既読スルーも当たり前


    さらに、自分が特に用のない時は基本的に放置です。よほど手放したくないセフレでない限り、女なんていくらでもいるというのがセフレを作るような男性の考え方ですので、連絡しないと嫌われちゃうかな…なんて心配もしません。

    ですから、LINEの既読スルーも当たり前。自分に興味のない話題にわざわざ返信するのも面倒だし、やらせてくれるだけの女と無駄話する必要はないと思っています。

    自分がやりたい時や都合のいい時だけ手短に済ませ、相手のことは考えないというのが、セフレに対する連絡の取り方なのです。