【告白されたい女子必見!】好きな人に「絶対告白させる方法」まとめ

  • 男性が告白を決意する瞬間とは

    男性が「この子と付き合いたい」と自覚しても、「告白しよう」と決意するまでの道のりは実に長いもの。しかも「何となく一緒にいる」といった感覚でしかない男性は「告白したい」とも思っていません。

    そんな男性が「告白しよう!」と決意する瞬間は突然やってきます。ある意味、その瞬間を与えなければ時間だけが経ってしまう可能性も…。まずは「男性が告白を決意する瞬間」を再確認。これを踏まえて「告白させる作戦」を練っていきましょう。

    相手も自分を好きと確信できたとき


    男性の多くは、「相手も自分のことが好きだ」と確信が持てない限り告白しません。かなりいい感じなのに告白しない男性は「きっと勘違いかもしれない」とまで思い込んでいます。

    2人きりでデートをしても告白してこないのは「もうワンプッシュ」が足りないから。背中をポンと押してくれる「何か」を掴みたくてモヤモヤしているはずです。

    それならば、どんな鈍感な男性でも「これは間違いない!」と思わせる「何か」を仕掛けてしまいましょう。

    誰かに取られそう、と焦ったとき


    男性が思わず告白してしまう瞬間もあります。それは「誰かに取られそう!」と焦った瞬間。ようやくそこで自分の気持ちに気づく男性が多いです。「ただの友達関係ではダメなんだ」と思ったときに、やっと告白の決意を固めるという感じです。

    「友達以上恋人未満」といった曖昧な関係が続いている2人には、焦らせる方法が効果的。「わざと仕掛けて告白させてる」というやや強引なやり方ですが、油断している男性には有効です。

    笑顔が可愛かったとき


    思わずキュン!とした瞬間に「好き」と言ってしまうことも稀にあります。それは「笑顔が可愛かったとき」です。男性は、女性の笑顔を見た瞬間「好きだ!」と自覚することが多いとか。

    「そんな簡単なことでいいの?」とも思いますが、好きな人の前では緊張して表情が固い女子はたくさんいます。思わず「好き」と言わせる笑顔を研究しておく必要がありそうです。

    気分がアガッたとき


    「好きだなんて思ったことなかったのに」という感じで、何かの拍子に「好き」と言ってしまう瞬間もあります。ハイテンションになって気分がアガッた瞬間というのは、そばにいる女性にときめきやすい状況です。

    たとえば、遊園地で思わず「キュン」としてしまったり、お酒を飲んで隣にいる女性にそそられるのも関係しています。