結婚に前向きじゃなかった彼氏がプロポーズを決意した瞬間5パターン

  • 【4】どちらからともなく「一緒に暮らそう」という話になったとき

    「今のアパートをこのまま更新するなら、いっそ二人で住んだほうが安上がりじゃない?みたいな話になって…」(20代男性)など、住まいの見直しを機に結婚の話が浮上するのはよくあることのようです。「まずは同棲から」という話になったら、「結婚準備のための同居である」と位置づけて、結婚を射程に入れたいものです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)