結婚に前向きじゃなかった彼氏がプロポーズを決意した瞬間5パターン

交際が順調に続き、周囲も「そろそろ」という目で見ているのに、なかなか「結婚しよう」と言ってくれない彼氏。煮え切らない彼氏からプロポーズの言葉を引き出したければ、どうするといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「結婚に前向きじゃなかった彼氏がプロポーズを決意した瞬間」をご紹介します。

  • 【1】献身的に看病してもらったとき

    「弱ってるときの優しさってやっぱり染みますよ」(20代男性)というように、自分の身を心から案じてもらったときに結婚を決意するパターンです。フィジカルが不調なときだけでなく、メンタルが弱っているときにもそっと優しく寄り添ってあげれば、「俺の人生に必要な人だ」と確信を深めてもらえるでしょう。